「痩せる」だけでよいの?「キレイに痩せる」にはここに注目!

みなさんはどうしてダイエットをしていますか?色々な動機があると思いますが、多くの方が、最終的には「痩せて見た目を良くしたい」と思っているのではないでしょうか。

ただ「痩せたい」なら食べなければいい・・・?

食べないだけでは、本末転倒なダイエットに

ただ痩せたい!!というのであれば、極端な話ですが、絶食したり、バランスを考えずに摂取カロリーを極端に少なくすればすぐに痩せることができるでしょう。
しかし、それではすぐにリバウンドしてしまったり、必要な栄養素を摂取できず、だるさや疲れを感じたり、腸の調子がすぐれないなど、体に不調がでてしまいます。痩せてキレイになるはずが、肌がカサカサしたり、吹き出物が出てしまうことも。さらに、イライラしたり思考能力が低下するなどの危険もあります。今は大丈夫!という場合も、将来、老けて見えてしまったり、病気の原因になる可能性もあるため、食べないダイエットはおすすめできません。

キレイに痩せるには、「期間」と「栄養バランス」に注目!

短期間ダイエットはNG。筋肉が減ってより太りやすく

キレイにやせるために重要なのが、ダイエット期間。ついつい「今すぐ早く痩せたい!」「今月中に一気に痩せたい!」など思ってしまいがちですが、短期間で痩せると筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ると、何もしなくても消費するエネルギー「基礎代謝」が下がり、ますます太りやすくなってしまいます。体型にもよりますが、1ヶ月に減らしていいのは体重の5%までと言われてます。

栄養バランスのよい食事にする5つのポイント!

キレイに痩せるためには、必要な栄養素をしっかり取るために、バランスのよい食事を取ることが大切になってきます。 以下のポイントを押さえて、今までの食生活を見直したり、改善したりしてみてください。

●1 主食を取る
皆さんは主食を取っていますか? 低炭水化物ダイエットなどが流行っていますが、必要以上にごはんなどの主食を抜くのはNG。パンよりもごはんが特におすすめです。

●2 野菜・海藻類を意識して食べる
意識しないと不足しがちな野菜。色の薄い野菜や緑黄色野菜、わかめや海苔などを食べるように心がけましょう。

●3 色々な種類のたんぱく質を取る
外食などが多かったり、しっかり意識をしてないと、肉が多くなりがち。魚・大豆製品・肉・卵などをまんべんなく取るように意識すると良いです。

●4 果物・乳製品を適量取る
果物はものにもよりますが、適量は100~200g程度。乳製品は大切なカルシウム源なので、牛乳やヨーグルト、チーズのいずれかを取るようにしましょう。

●5 お菓子は食べないか、少なめに
ダイエット中にお菓子を食べると、おかずやごはんの量を減らしがち。しかし、そうやって摂取カロリーのつじつまを合わせても、必要な栄養素は十分に取るのが難しくなります。やはり、お菓子はダイエット中は食べないと決めるか、量に気をつけることが大切です。

カテゴリ別ニュース