管理栄養士がおすすめ!ダイエット中に食べるおやつ4選

こんにちは!管理栄養士の岡田です。ダイエット中におやつが食べられないと悲しいですね。でも、選び方に気をつければおやつを食べても大丈夫!今回は、ダイエット中におすすめのおやつをご紹介します!

ダイエット中のおやつ選びのポイント

「低カロリー」「ビタミン・ミネラルの含まれるもの」を選ぼう!

砂糖や油脂類の多いクッキーやケーキ、チョコレートは、高カロリーなのはもちろんですが、ビタミン・ミネラルがほとんど含まれていないため、「エンプティーカロリー」と呼ばれています。ダイエット中はこういったエンプティーカロリーの食品をできるだけ避けて、栄養バランスをよくする必要があります。

オススメのおやつは?

果物・ドライフルーツ

果物には、ビタミンCやカリウム、食物繊維などが特に多く、美肌効果やむくみ防止、便秘予防などの効果が期待できます。できれば生で食べるのがおすすめですが、外出先などで難しい場合は、ドライフルーツでもOK。オイルや砂糖のコーティングのないものを選びましょう。 量は、生のフルーツで100〜200g、ドライフルーツは20gが目安です。 詳しく知りたければ、以前の記事を読んでみてくださいね。

ヨーグルト

ヨーグルトには日本人に不足しがちなカルシウムが多く、乳酸菌による整腸作用も期待できます。無糖のままではおやつとしては少し寂しいので、フルーツなどと合わせたり、少量の砂糖などをいれてもよいでしょう。量は100g前後が適量です。

ナッツ

ナッツというと、脂質が多くて太りやすいイメージがあるかもしれませんが、ナッツの脂質は不飽和脂肪酸でオメガ3が豊富です。これらは健康効果や美容効果の期待できる脂質なので、ダイエット中でもとってほしい脂質です。また、アンチエイジング効果の高いビタミンEもたっぷり。ただし、ナッツは高カロリーなので量には注意しましょう。ナッツの種類にもよりますが10g(8粒前後)が目安です。

ゼリー・寒天

ゼリーや寒天は、低カロリーなので量を多く食べられるのがうれしいですね。ダイエット中は、特にカロリーの低いものを選ぶようにしましょう。コーヒーや紅茶などは、少量の甘みでもおいしく食べられるのでオススメです。また、無糖のものを作り、ガムシロップなどの液糖を上からかけると、より少量でも甘みを感じやすくなります。

いかがでしたか?ヘルシーなおやつでダイエットを美味しく、健康的にすすめていきましょう!

カテゴリ別ニュース