ポルトガル料理入門&話題の調味料「マッサ」に迫る!

6月10日は「ポルトガルの日」。意外や意外!ポルトガル料理は日本の家庭料理と似てる!日本人の口によく合うポルトガル料理。いつもの素材で簡単にポルトガル料理を作ることができるんです。

ポルトガル料理ってどんなもの?

ごはんにジャガイモ。豊かな肉や魚

ポルトガル人の国民食は、干しタラ(バカリャウ)、ジャガイモ、そしてごはん。バカリャウは、タラの塩漬け・干物。輸送にも便利な保存食として、すでに中世から食べられていたそうです。

付け合わせは大抵ジャガイモ。バカリャウや魚、肉と一緒に調理されます。ご飯は雑炊もしくはリゾット風。トマト味が一般的です。

肉や魚介もバラエティーに富んでいます。欧米では珍しく、うなぎやたこも食べるんです。ポピュラーなイワシの塩焼きは、オリーブオイルとレモンをかけて。お肉は豚、牛、鶏、羊、山羊。一頭丸ごと無駄なくいただきます。

いま注目の調味料「マッサ」とは?

赤パプリカの塩漬けをペーストにしたもの

ポルトガルの食事は、ごはんにジャガイモ。豊かな肉や魚。野菜が見当たりませんが大丈夫??と心配になってしまいますが、そこで登場するのが、ポルトガルの卓上に必ず乗っている調味料のマッサです。おかずにもご飯にも、どんな素材にもしっくりなじむ調味料マッサは、赤パプリカの塩漬けをペーストにしたもの。

またの名を、“うまみ”調味料とも言うマッサは、美味しいだけでなく栄養価にも注目なのです!

ビタミンCたっぷり!

実はこのマッサ、ビタミンCたっぷりの調味料。もともとビタミンCは、赤パプリカから発見されたものです。レモンの二倍以上のビタミンC!

アンチエイジングにも!

パプリカの赤い色は、カプサンチンという強いアンチエイジング・生活習慣病予防の抗酸化作用を持つポリフェノールの一種。そのうえ、甘いパプリカの糖質は、塩漬けにすると乳酸発酵され、旨みと栄養素が更に増します。

簡単ポルトガル料理レシピをピックアップ!

マッサは、パプリカパウダーで代用できちゃうんです♪

生鱈でもひと手間で本場干し鱈の味に迫ります!
ポルトガル★鱈とポテトのクリームグラタン by Quegiro

日本でも注目のMASSAを使ったおかず。
手に入りやすいパプリカパウダーで代用できます。
豚肉とじゃがいもの★ポルトガル風★ Quegiro

イワシの塩焼きもオリーブオイルで一気にポルトガル風。
ポルトガルの★いわしの塩焼き★ by Quegiro

※6月10日「ポルトガルの日」:
参考サイト http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/portugal/data.html

【おすすめ】ダイエット診断

100万人が実施した、クックパッド ダイエットの人気の診断。5,000人のダイエット指導実績ををもとに開発されたロジックで、あなたのやせない弱点が見つかります!
-->>いますぐ試してみる

カテゴリ別ニュース