「おにぎりダイエット」ホントに瘦せるの?

おにぎりを、毎日一合~三合食べるという、最近噂の「おにぎりダイエット」。糖質制限ダイエットとは真逆の方法です。ホントにご飯を食べてダイエットになるのでしょうか。ダイエットトレーナー・管理栄養士が検証します。

「おにぎりダイエット」の方法は…

食べるもの

◎ 一日一合~三合のおにぎり又はご飯。
おにぎりの具は梅干しやおかか、昆布など、脂質の少ないものを。

◎おかずは野菜中心。お浸しや和え物、サラダなど。お味噌汁もOKです。

◎亜麻仁油を調味料に混ぜて。

◎サプリもOK

避けるもの

◎パスタ、うどん、芋、トウモロコシなどの炭水化物や果物。

◎肉類・魚類。マヨネーズ、ドレッシングなど油の入った調味料。

◎アルコール、清涼飲料水、お菓子。ただしサプリ等はご自由に。

◎果物も糖質が高いので適量に抑えた方が良いでしょう。

ダイエット期間は2~3週間
ご自身の体重5%ダウンが目安とのこと。

お米1合は約150g ごはんにすると約330g(534kcal)
冒頭の写真が一合のごはんです。

コンビニのおにぎり一個なら約110gなので、3個分になります。

たんぱく質を少なくして、炭水化物を増やすと体重が減る!

タイムリーな論文を発見

先月(2015年5月)「Cell Reports」に、オーストラリアのシドニー大学から
「低たんぱく質・高炭水化物食で代謝があがる」という研究報告がありました。

その内容は、「8週間ずつ三回、たんぱく質と炭水化物の比率を変えてマウスに餌を好きなだけ食べさせた。もう一つのグループは通常のえさを40%カロリーカットして食べさせた。

低たんぱく質高炭水化物食の場合のみ、40%カロリー制限したマウスとと同等にインスリン、血糖値、コレステロール値が低下していた。更に、低たんぱく質高炭水化物食群では、摂取量は増えているのに代謝が高まり、カロリー制限食群のマウスよりも体重は増えなかった」というものでした。

「おにぎりダイエット」の良いところ。

ダイエットで便秘になったという方は注目!

ダイエットをきっかけに便秘症になってしまったという方は、炭水化物が足りないせいかもしれません。

どんなに食物繊維の多いものを食べたり、ヨーグルトを食べていても「カサ」がはるものを食べていなければすっきりとしたお通じにはなりません。また、肉や魚などのたんぱく質が腸にとどまると悪玉菌のえさとなります。便秘気味の方は高たんぱく質・低炭水化物の食事に傾いていることが多いものです。

また、お付き合い、あるいは習慣で油の多い食事がやめられない、お酒も沢山飲む、はたまた一日3000kcalくらい食べているかも…という方には、「おにぎりダイエット」は向いているかもしれません。

炭水化物を粉食でなく、ごはんという粒食に限定しているので、おにぎりであれば油を加えることなく食べられるので、期間を決めてであれば取り組みやすいですね。

「おにぎりダイエット」で注意したいこと。

極端な一品主義はご注意!

ごはん、すなわち炭水化物をエネルギーに変えるためにはビタミンB群、特にビタミンB1が必要です。

肉や魚、大豆製品に多く含まれているビタミンB1なので「おにぎりダイエット」の期間中に補おうとするとサプリの応援も必要になります。

また油の摂取が足りないと、女性はホルモンバランスを崩して生理が止まってしまう心配も。食べ物でからだがつくられているので、単品ダイエットは健康が害するリスクもまた大きいのも事実です。

人それぞれ生活習慣、食習慣は違いますので誰かが成功したダイエットが誰にでも合う、とは限りません。

ダイエットの軸となるものは、一日三食、しっかり噛んで食べる。加工しずぎていないしっかり素材が見えるような食べ物を感謝して食べること。楽しく、美味しく食べるダイエット!応援してます。

【おすすめ】ダイエット診断

100万人が実施した、クックパッド ダイエットの人気の診断。5,000人のダイエット指導実績ををもとに開発されたロジックで、あなたのやせない弱点が見つかります!
-->>いますぐ試してみる

カテゴリ別ニュース