【8週間で-4.3kg減】グループワークダイエットのここがすごい!

ダイエットプラスラボで始まった日本初のダイエット手法「グループワークダイエット」。先日第1期生が卒業しました。
最大で-4.3kg減!平均でも-2.7kg減と確実に参加者全員にダイエットの効果がでました。「グループワークダイエット」のどこが良かったのでしょうか?参加した方のアンケートを元にダイエットに効果がでる理由を探ります。

グループワークダイエットとは?

仲間と一緒にダイエット!

グループワークダイエットとは、参加するメンバーが、「ダイエット」に関する課題をみんなでディスカッションしながら解決したり、個人の目標を共有しながら進めるダイエット手法です。

個人のライフスタイル、体の状態(筋肉量、体脂肪量など)について把握した上で、皆で個人の目標を共有し、ダイエット習慣を持続させるというプログラムです。

正しく、間違いのない、そして持続可能なダイエットにしっかり取り組める

グループワークの構成を考え、進行をするリーダー役はダイエット指導経験豊富な栄養学の専門家「管理栄養士」。

正しい栄養学、正しく食べる知識を交えながらディスカッションが進行していきますので、グループワークダイエットのコースが終了する頃には、「正しい食知識に基づいたダイエット成果」を体感できるだけでなく、「この先も太らない食べ方や自己管理の知識」を学ぶことができるのです。

2018年9月生のお申込みはこちら!

グループワークダイエットが成功する理由

仲間がいるから続けられる!

第一期生の中で成功した要因として断トツだったのがこれ。「仲間がいるから続けられる。」

ダイエットは「続かない」というのが成功しない大きな原因であることは言わずもがなですが...。

グループワークは、期間中実施する目標を決め、それを2週間に1回会って達成度合いを確認しあいます。目標がどれくらい達成できたか、達成できなかった場合は、出来なかった理由などを発表しあいます。

発表の中から、新しいアイデアや、励まし、連帯感が生まれ、それらが個人の行動にも良い影響を与えます。ダイエット中に支えあえる仲間がいるのは、とても心強いことなのです。それがダイエット継続に大きなメリットとなるのです!

短期目標があるから頑張れる!

グループワークは、2週間に1回来店する形式です。2週間毎に3つ程度、目標を決めてダイエットに取り組みます。ダイエットプラスラボでは、目標のことをコミットメントと呼んでいます。

例えば
・よく噛んで食べる。
・夜のアイスとお菓子をやめる。
・3食バランスよく食べる
・パスタばかりでなくお米を食べる。
・ウォーキングをする
など。

このコミットメントを2週間でどれくらい達成できたか発表するのですが、
・2週間という短期であること
・達成度について発表する場がある
だから頑張れたという声が多々ありました。

グループワークダイエットは、このコミットメントを達成しようと日々過ごすことで、自然と体重が減っていくのです。

食生活に対する意識が変わる!

グループワーク最終回は、初回に書き出した1日の食事内容と、最終回の前日に食べた食事内容を比べます。

食事の内容を
・主食:オレンジ(炭水化物・脂質)
・主菜:ピンク(たんぱく質)
・副菜:みどり(ビタミン・ミネラル)
と色分けするのですが、初回はほぼ全員の方が、3食バランスよく食べられていないという状況でしたが、最終回は、全員3食バランス良く食べられているように。

参加者の成果は?

【減量数別ランキング】
1位 -4.3kg
2位 -3.2kg
3位 -3.0kg

【体脂肪別ランキング】
1位 -3.4%
2位 -3.2%
3位 -2.7%

体重の変動だけではなく、体脂肪がきちんと落ちているというのがポイントです。
体重が減っても体脂肪が落ちず、筋肉量が落ちてしまっては、本当の減量成功とは言えません。ダイエットプラスラボでは、体脂肪を落とすダイエットを実現できるんです!

1人じゃないから挫けない!グループダイエットを始めてみませんか?

ダイエットを成功させ、かつこの先も太らない食べ方や自己管理の知識を学ぶことができるグループワークダイエット。あなたも是非参加してみませんか?

ただいま、2018年9月・10月生のメンバーを募集中です!
ぜひ詳細をチェックしてくださいね。

グループダイエットの詳細はこちら


-->お申込みはこちら♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース