24kgやせたダイエッター毎日ダイエット〜炭水化物を食べてダイエット効果をアップさせる方法〜

こんにちは。1年半で24kgのダイエットに成功した、ダイエットカウンセラー大西ひとみです。ダイエット中に炭水化物を食べるのは太る原因になると言う考えが当たり前になってきていますが、炭水化物は食べ方をちょっと工夫するだけで、ダイエットの手助けをしてくれる食材に大変身するのですよ!

太る原因につながる炭水化物が痩せる炭水化物に変わるのはなぜ?

レジスタンススターチ(難消化性でんぷん)

お米や、ジャガイモなど、炭水化物に分類される食材で冷やして食べる事が出来るものは冷やす事で食物繊維のような物に変化することが近年さまざまな研究で明らかになって来ています。

この食物繊維のように変化する物の正体は、レジスタンススターチと呼ばれています。このレジスタンススターチは読んで字のごとく、消化されにくいでんぷんなのです。

レジスタンススターチに変化する事で得られるその他のダイエット効果

普通のでんぷんとは違って、胃で消化されにくいため、小腸で吸収されずに大腸まで届きます。大腸内で腸内細菌の餌になり、「酪酸」「酢酸」「プロピオン酸」と言う成分に分解されます。その中で、プロポン酸には脂肪の燃焼を促す作用があることも確認されています。

また、あたたかい炭水化物に比べて冷たい炭水化物は血糖値があがりにくい事もわかっているので、インスリンの分泌が軽減されるため、脂肪蓄積がされにくくなります。

ダイエッターのための「ツナポテサラダ」のつくりかた

材料 6人分

カロリー1人分:約83kcal

◎じゃがいも 3個
◎にんじん 1/2本
◎きゅうり 1本
◎タマネギ 1/2個
◎ツナ水煮缶 70g
◎ギリシャヨーグルト 100g
◎しお お好みで
◎コショウ お好みで

作り方

① じゃがいもは皮を剥き一口大に切って軽く洗い流したら、たっぷり水を入れた鍋に入れ串で刺してすっと串が通るまでじゃがいもを茹でます。

② ①をザルにあげ、鍋に戻し蓋をし、火から少し離した状態で軽くゆすり、じゃがいもの水気を飛ばします。

③ ②をボールに移し、暖かいうちにめん棒でつぶします。

④ 鍋に水を沸騰させたら、にんじんを皮のまま1/4に切り、薄くいちょう切りにしたものを、さっとゆでてざるにあげておきます。

⑤ ③に④と薄く輪切りにしたきゅうり、薄切りにしたタマネギ、塩、コショウを加え混ぜ合わせます。

⑥ ⑤のあら熱が取れたら、ギリシャヨーグルトとツナを加え混ぜ合わせれば出来上がり。冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください!

ダイエット中でも炭水化物が食べたいという人は、上記レシピのような「冷たい食べ物」を食べるよう、心がけてみてくださいね。

ダイエット情報満載のメルマガに登録してみませんか?

15万人が読んでいる、クックパッド ダイエットの無料メールマガジン

15万人が読んでいる、クックパッド ダイエットの無料メールマガジン。ダイエット成功のコツがもりだくさん!だから、読むだけでダイエットに!
話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立などを毎日受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース