疲れたお肌を美肌に導く、あの食材で日焼け後のシミを予防!

この夏うっかり日焼けしてしまった方必見! お肌の再生にはシークヮーサーがオススメです!シークヮーサーの美肌に効果的な食べ方を管理栄養士が紹介します。

シークヮーサーはどんな食べ物?

収穫時期で用途がちがう

沖縄の特産物「シークヮーサー」。沖縄の方言で「酸っぱい食べ物」という意味があります。ゆずやカボスのように香りが高く、すがすがしく酸っぱい果実です。

シークヮーサーは収穫時期によって用途が変わるというかんきつ類です。
・8月後半から9月にかけて青い果実のシークヮーサーが収穫され出回ります。この時期の青い果実は青切りと呼ばれ「調味料や泡盛・焼酎に搾って使う」
・10月から12月中旬は「原液ジュース」
・12月下旬から2月の黄色く熟したものが「むいて食べる果物」
ぜひ、その時期に合わせて用途を変えてみては?

シークヮーサーのポリフェノールが紫外線を浴びてしまったお肌をサポート

シミ・シワ予防のメカニズム

シークヮーサーには「ノビレチン」という抗酸化物質ポリフェノールの一種が含まれています。他の柑橘類に比べて2~12倍とシークヮーサーはノビレチンの含量がダントツに多いのです。「ノビレチン」は紫外線を浴びたお肌のシミやシワを予防します!

そのメカニズムは、肌は紫外線を浴びると、「プロスタグランジンE2」というシミや皮膚がんの原因物質を作ります。「ノビレチン」は、この「プロスタグランジンE2」の生成を抑える作用をすることから、シミや皮膚がんの予防になります。また抗酸化作用で細胞の錆びつきも抑えるアンチエイジング作用も。

果皮をつかってみるべき

「ノビレチン」はシークヮーサーの果皮に含まれるのでゆずのように果皮をむいて刻んで薬味にしたり、油やお醤油に入れて風味付けに気軽に使ってみてください。
皮を使ったら、今度はカボスのように焼き魚やサラダに搾って。ドリンクに加えると残暑を思わせるドリンクの出来上がり。

皮ごと使うシークヮーサーメニュー

塩麹のシークワーサーチキン

クックパッドでレシピを見る

出典:クックパッド「塩麹のシークワーサーチキン by Himi♪」

シークワーサー入り大根の一夜漬け

クックパッドでレシピを見る

出典:クックパッド「シークワーサー入り大根の一夜漬け by meiyue79」

シークヮーサーシロップ

クックパッドでレシピを見る

出典:クックパッド「シークヮーサーシロップ  by あすかひろとのママ」

冷凍保存もできちゃう

シークヮーサーは、冷凍保存もできます。冷凍したまますりおろしでおろしたシークワーサーパウダーはラーメンにふりかけても美味しい。是非お試しを!

カテゴリ別ニュース