自律神経を整えるコーヒーの飲み方とは?

コーヒーが飲みたくなる時は…リラックスしたい時?それとも眠気冷ましに?双方真逆のシチュエーションですが、ずばりコーヒーはどちらにも効果的。コーヒーの飲み方を意識することで、自律神経の不調を改善する期待ができます♪深まる秋に、ホットコーヒーでほっとするひと時を。

自律神経のバランスを整えるコーヒーの飲み方とは

コーヒーの作用

10月1日は、コーヒーの日でした。日本では秋から冬にかけて、コーヒー需要が高くなるからだそうです。温かいコーヒーが恋しい季節の到来ですね。

コーヒーの香りは脳にα波をもたらすことがわかっています。つまり心地よい気持ちにさせてくれます。リラックスしている時には自律神経は副交感神経が優位になっています。
コーヒーを飲んで20分位するとコーヒーの成分であるカフェインがカラダに吸収されます。すると今度は交感神経が優位になり、やる気がアップ。このようにコーヒーには自律神経のバランスが整える作用があります。

コーヒータイムのおススメは長時間の作業で疲れた時

コーヒーを飲んでから15分ほど仮眠をとると、目覚める頃にカフェインの効果が現れ、すっきりとお目ざめできます。仮眠で疲労が回復してカフェインの血管を拡げる作用により頭の血の巡りも良くなって作業効率もグーンとアップ!

コーヒータイムをもっと充実させるちょい足しテク

失敗知らずのラテアート♪お絵かき練習帳

クックパッドでレシピを見る

出典:クックパッド「失敗知らずのラテアート♪お絵かき練習帳 by せっつただし」

なんちゃってラテアート

クックパッドでレシピを見る

出典:クックパッド「なんちゃってラテアート by あっぷる系女子。」

さいごに

やってみました、ラテアート

チョコレートシロップで線を書いて、アイスピックで中心から渦巻きを描くだけ。簡単にカフェみたいなカプチーノができちゃいます。

コーヒーでリラックスタイムを

近年、「コーヒーがカラダにいい」という研究発表が次々発表されています。コーヒーを飲むと、リラックスモードになる。その後しばらくするとカフェイン効果で脳は活性化される。いいことばかりのようですが、カフェインには眠気冷ましになると同時に不眠の原因となることもあります。眠れなくなる人は午後のコーヒーはご注意ください。

ご自身の気分やカラダの調子を観察しながら意識してコーヒーを飲んでみてください。深まる秋に豊かなコーヒータイムで快適な毎日を。

カテゴリ別ニュース