美肌&腸活♪「かぼちゃの発酵カルボナーラ風」をつくってみよう!

前回ご紹介した「かぼちゃの甘麹」とは?…飲む点滴・飲む美容液と言われる甘酒に、蒸したかぼちゃを漬けておくだけでできる、甘味と旨味と栄養価がアップした「美肌にオススメのスイーツ」でしたね。今回は、これに豆乳ヨーグルトと塩麹を合わせ、クリームソースに大変身させました。夏の残りのそうめんに合わせて、初秋に美味しい一皿に…。(ソースはあえて温めず、麺のぬくもり程度の温度でいただくのがベストです)

作り方

かぼちゃの発酵カルボナーラソース

①かぼちゃの甘麹・水切りした豆乳ヨーグルト(ほぼ同量)を混ぜ合わせる。
②塩麹を加え、味をととのえる。

-->> かぼちゃの甘麹の作り方はコチラ

-->> 自家製:豆乳ヨーグルトの作り方はコチラ

自家製:塩麹の作り方

①ビニール袋に生米麹100gと自然塩大さじ1/2を入れ、外からよく揉みます。
②しっとりしてきたら、水(100cc〜)の一部を加え、さらに混ぜます。
③蓋つきの容器に移し、上から残りの水を加え混ぜます。麹の頭が出ない程度に、水をプラスします。
④蓋をして、1日1回混ぜながら、室温で1週間前後おきます(水分を吸って、麹の頭が出てしまったら水をプラス)。
⑤麹が柔らかくなり、美味しくなれば完成です(夏なら5日程度〜冬なら2週間位室温におきます。後は冷蔵庫で保存)。

仕上げ〜盛り付け

①そうめん1束と、小房に分けたブロッコリーを同時に茹で上げ、ざるに上げて水気を切ります。
②そうめんに、塩麹少量を絡ませ下味をつけておきます。
③ソースと麺を合わせ、皿に盛り付け、ブロッコリーと、ぬか漬けの人参(角切り)・おくら(輪切り)を彩りよく飾ります。
④お好みで、醤油麹を適量をかけます。(醤油麹の代わりに、少量のお味噌・金山寺味噌・塩麹などでも美味しくいただけます。)

-->> 自家製:醤油麹の作り方をみる

前回ご紹介した「かぼちゃの甘麹」とは?

-->> 「かぼちゃの甘麹の作り方」詳細はコチラへ!

カテゴリ別ニュース