【ダイエット お悩み相談室】ダイエットをすると便秘がちになってしまうのは、なぜ?

ダイエットにまつわるお悩み、疑問、質問に、管理栄養士がお答えします!質問に答えるのはクックパッド ダイエットラボの店舗で活躍中のダイエット トレーナー(管理栄養士)。 今回は「ダイエットをするとお通じが悪くなってしまう」という悩みをかかえた方からのご相談です。

質問内容

ダイエット中は便秘がちに・・・

ダイエットをするとお通じが悪くなってしまいます。何かよい対策はありますか?

回答「お通じが悪くなるのには理由が。食事内容などを工夫することで、改善することができますよ!」

食事の量を減らすと便のかさも減りやすい

ダイエットにより食事の量を減らすと、その分、便の量も減りやすいため、お通じが悪くなったと感じることもあるようです。乳酸菌が豊富なヨーグルトや、乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖(バナナやきなこ、はちみつ、ごぼうなどに含まれます)は、腸を整えるのに役立ちます。
その他にも食事や運動で工夫できることがあります。以下にご紹介しますので、やりやすそうなものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

お通じ改善の工夫とは?

野菜やキノコ類、海藻類、こんにゃくといった低カロリーで食物繊維が多い食材や白米を玄米や雑穀米に代えたり、おやつをスナック菓子でなく焼き芋に代える等、しっかり摂って便のカサを増やしましょう。

水分をしっかり摂る事で便も軟化しやすいです。水分は1日コップ7~8杯以上を目安に、水やお茶などノンカロリーなものがおすすめです。

ストレッチなどで体をひねるような動き、ウォーキングなど下半身を動かす運動、サイクリングや階段昇降といった太ももを大きく動かす運動などが腸に刺激を与えてくれるので効果的ですよ。

回答者

下 由紀子(クックパッド ダイエット トレーナー/管理栄養士)

現在、銀座店にてダイエット指導を行い、多数の方をダイエット成功に導いています。

お試しカウンセリングを体験してみませんか?

『もっとダイエットについて聞きたい!』という方に!管理栄養士との個別カウンセリングで、自分にぴったりのダイエットを始めてみませんか?
>>--お試しカウンセリングを受けてみる

ダイエットに関するお悩みを募集しています!

>>--応募はコチラから

※掲載する内容は編集部にてセレクトさせていただきます。
※本サービスは、医療行為を提供するものではありません。
※質問送信時に
利用規約に同意したものとみなさせていただきます。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース