【ダイエット お悩み相談室】太りにくいお酒の飲み方って?

ダイエットにまつわるお悩み、疑問、質問に、管理栄養士がお答えします!質問に答えるのはクックパッド ダイエットラボの店舗で活躍中のダイエット トレーナー(管理栄養士)。 一日の終わりにお酒を飲む至福のひと時は、最高ですよね♪これからの忘年会シーズンもお酒を飲む機会は多くなりますね。「でもお酒ってダイエットには良くなさそう。太りにくい飲み方ってありますか?」というお悩みの方からのご質問です。

質問内容

お酒との付き合い方

「お酒が好きで毎晩飲んでいるのですが、太りにくい飲み方を教えて下さい。」

回答

アルコールは食欲をアシストし身体の水分を奪ってしまいます。

アルコールは100ccで40kcalとそんなにカロリーは高くありませんが、食欲を増進させます。もちろん飲み過ぎるとハイカロリーです。ビール・日本酒などの醸造酒よりは焼酎・ウイスキー・ブランデーなどの蒸留酒が糖質が少なくお勧めです。
また、アルコールは利尿作用が高く、体内の水分を奪って代謝が落ちてしまう原因になります。翌朝喉が渇いて目が覚める…なんて事は経験ございませんか?なるべく飲んだ同じ量のお水をチェイサーとして補給して下さい。

”飲んだら食べるな!食べるなら飲むな!”

アルコールは脂質や糖質が多いおつまみより先に消費カロリーに変換され易く、これらを一緒に召し上がる事で余った脂肪を蓄え易くします。ご一緒に口にするのであれば、唐揚げや脂っこい物よりも枝豆や冷奴・赤身マグロや白身のお刺身などクイックメニューをセレクトしましょう。サラダを先に食べてお野菜不足を補う事もお忘れなく!

回答者

下 由紀子(クックパッド ダイエット トレーナー/管理栄養士)

現在、銀座店にてダイエット指導を行い、多数の方をダイエット成功に導いています。

お試しカウンセリングを体験してみませんか?

『もっとダイエットについて聞きたい!』という方に!管理栄養士との個別カウンセリングで、自分にぴったりのダイエットを始めてみませんか?
>>--お試しカウンセリングを受けてみる

ダイエットに関するお悩みを募集しています!

>>--応募はコチラから

※掲載する内容は編集部にてセレクトさせていただきます。
※本サービスは、医療行為を提供するものではありません。
※質問送信時に利用規約に同意したものとみなさせていただきます。
>>--利用規約はこちら

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース