「そのメイク大丈夫?!」ピンク使いで可愛いさ2倍*変えるメイク術

メイク用品のカラーの中でもひときわ女性らしさを強調させるカラーといえば、ピンクです。春メイク、モテメイクなどに欠かせない愛らしいカラーのメイクアップ用品。皆さんは使い方、間違っていませんか?自分のメイクが大丈夫かどうか鏡を見てチェックしてみましょう。腫れぼったい目元になってしまっている方は要注意!

ピンクアイメイクのこだわり術

目元を愛らしく見せる方法とは?

女性のメイクで一番大切なポイントは目元です。
目元の印象で、相手が受ける印象はがらっと変わってしまいます。

キリッした目元、愛らしい目元、優しい目元、すべての印象は目元から作られるといっても過言ではありません。そんな目元を可愛らしく、愛らしい目元にするには、実はピンクの色遣いが意外にも大切だったりするんです。

デートや仕事の場面でも使える愛らしいピンクメイクは毎日重宝すること間違いなしで
とはいえ、「それで大丈夫?!」と思われそうな、ちょっとNGなピンクメイクも多々ありますよね。

ピンクメイクで失敗する悪い例!

実際にどんなメイクが大丈夫で、どんなメイクがNGなのかわからない方は、ピンクを使った失敗メイクを見てみましょう。

●一重・奥二重の方の場合
まぶた全体にピンクアイシャドーを塗ってしまうと腫れぼったく見えてしまいます。
ピンクアイシャドーを強めに塗ると、逆に目が小さく見えてしまいがちになるのでご注意を。

●ぱっちり二重の方の場合
目元ぎりぎりからピンクを塗ってしまうと黒目も目全体もかなり小さく見えてしまうので要注意です。

腫れぼったくないピンクメイクを作ろう

まずポイントは、ピンクアイシャドーを使う前に濃い目のブラウンシャドーをして、目を大きく見せるアイメイクをしておくことが大切です!

ピンクカラーはあくまで「アクセント」として使用するほうが効果的なので、全体的にブラウンシャドーを乗せ、ピンクを目じりだけに乗せることで、ぱっちり大きな愛らしい目元が完成します。
もともと眉毛と目までの瞼の中でも、目じり上は腫れぼったい部分です。ちょうど目じりのまつげと被るように、目じり3ミリ程度にピンクを乗せることがポイント!
ブラシを使えばきれいに乗せることができるのでお試しください*

あなたの目元に合ったピンクメイクとは?!

似ているモデルさんや女優さんのメイクを真似するのはとても簡単です。
ですが、自分がどんな目元をしているのかは、客観的に見てみないとわかりませんよね。
一重の方は、下まぶたにもふんわりとピンクを乗せると、より愛らしい目元になります。奥二重の方は、目じり下に3ミリ程度ピンクアイシャドーを乗せると瞳がキラキラと輝いて見えます。

一重か、二重か、目の大きさ、横幅の長さなどでもピンクの使い方が変わります。
あなたにぴったりなピンクのアイメイクを探してみてくださいね。

カテゴリ別ニュース