健康状態キープのために♪ 正しいウォーキングで無理なくダイエット!

ダイエットのために、自宅のひと駅前で降りて歩いたり、エスカレーターではなく階段を利用するなど、ウォーキングは日常にも取り入れやすい運動ですよね。歩くことは誰もがしていることですが、皆さん意外と正しい歩き方ができていないものです。健康状態をしっかり維持するために、正しいウォーキングの仕方をご紹介します。

正しいウォーキング方法とは?

健康を維持するために必要なこと

よく「歩く人ほど老化が遅い」といわれていますが、実は健康状態を保つ運動方法の中としても、ウォーキングは効果があるといわれています。ただし、ウォーキングと言っても、周囲を歩くだけでは「ただの散歩」です。

やせたいけれど、健康状態を悪くしたくはない、そんな方に正しいウォーキングの仕方をお伝えします。

正しいウォーキングのやり方とポイント

正しいウォーキングができれば、1日30分も他の人より多くのカロリーを消費することができます。まず、ウォーキング中はまっすぐ立つことが大切です。あごを引いて、姿勢を伸ばしましょう。そして、足はかかとから着地します。つま先で蹴りだすように歩き、ヒザはなるべく伸ばして歩きます。

腕はしっかり振ると、呼吸を安定させてリラックスすることができます。肩の付け根あたりから腕をぶらぶらさせているというイメージでおこなってみましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース