ダイエットにもおすすめ!1月7日に食べる『七草粥』の効果とは?!

1月7日は「人日(じんじつ)」と言われ、人の日とされています。今年は家族や大切な人と一緒に、一年の健康を願って七草粥を食べてみては如何でしょうか??七草の効能について基礎知識をご紹介します♪

七草粥って?

江戸時代から続く、一年の無事を祈る日本の大切な行事です。

1月7日は五節句の一つである、「人日(じんじつ)」の節句とされています。江戸時代から続く日本の行事で、一年の無病息災を願う日です。前日に七草を摘み、7日の朝に調理しお粥にして食べますが、現在はスーパーなどで七草の食材が売られていますので、手軽に行事を楽しむ事ができます!

また、七草には様々な効能があり、ビタミン類も豊富です。お正月で、食べ過ぎて疲れてしまった胃腸を休めるのに効果的です♪

七草ってなにを使うの?

七種類の栄養価が高い若葉を使用します。

・セリ
香りがとても良いのが特徴です。鉄分を多く含み、食欲促進効果も得られます。

・ナズナ
利尿作用があるので、余分な水分や老廃物を排出する効果があります。

・ゴキョウ
風邪の予防に役立ちます。

・ハコベラ
免疫力を高めるビタミンAが豊富で、胃腸の粘膜のもとになるたんぱく質を含みます。

・ホトケノザ
食物繊維が豊富で、便通促進効果があります。

・スズナ(カブ)
消化を助ける酵素が含まれ、食欲不振の改善に役立ちます。

・スズシロ(大根)
消化を助ける酵素が含まれ、ビタミンCが豊富なので風邪予防に役立ちます。

意外と簡単な七草粥!

今年はみんなでほっこり、七草粥を食べよう!

なんだか面倒で難しそう・・・と感じていた人も多いと思いますが、作り方はいたって簡単!

【作り方】
1.七草をそれぞれみじん切りにする。
2.おかゆを作る。
3.おかゆが出来たら、弱火にして、1を入れる。
4.味付けは、塩、出汁、醤油などをお好みで。

今年は思い切って、七草粥にチャレンジしてみては如何ですか?

お粥は体を温めてくれますし、水分を多く含んでいるので、お腹が膨れやすいのでダイエット中の方にもオススメです。

七草の食材が手に入らない場合や苦手な食材がある場合は、三つ葉やネギ、ほうれん草で代用してもOK!家族や大切な人と一緒に、七草粥を食べて今年一年をより良い年にしましょう♪

カテゴリ別ニュース