現在のケアで大丈夫?! 美肌キープの為のスキンケア緊急見直し<ビューティー&ダイエット>

現在の肌状態は好調♪ でも…将来はどうなっているかわかりません。30代はお肌の曲がり角と言われていますが、20代の時から将来を見据えたスキンケアをしていないと、後々後悔することになります。「まだまだ大丈夫!」という自信がある方も、こちらで紹介するスキンケア方法を参考にしてみてください。

「大丈夫」なんて油断してない?

肌トラブルは乾燥が原因

20代から起きてくる肌トラブルといえば、毛穴の目立ちやニキビ、シミやそばかすが増えてきた! などの悩みが多いかと思います。特に20代後半になるとこういったトラブルがどんどん増えてきますが、その原因のほとんどが乾燥といわれています。

乾燥しやすい肌になると肌トラブルも起きやすく、のちに肌機能をどんどん衰えさせる原因になることもあるそう。こんな方は特に乾燥に気をつけてスキンケアを見直しましょう。

洗顔とクレンジングを見直そう!

誤った洗顔方法で乾燥を招いている危険があることをご存知でしょうか。洗顔の際、しっかり汚れを落とそうと「力いっぱい」洗っていませんか?クレンジング剤はたっぷりと使い、ごしごしこすらないよう、優しいタッチで丁寧にメイクを落とします。

肌の乾燥を引き起こす悪い洗顔方法は「肌に摩擦を与えること」。クレンジング後の洗顔では、洗顔剤は泡立ちネットを使って、ふわふわのホイップ状にし「泡で洗う」ように洗顔して、しっかりとすすぎましょう。

保湿に重点を置いて!

化粧水でのスキンケアを見直そう

化粧水をサッと手に取り、パシャパシャつけて終わり…というケアはNGです。ハンドプレスで化粧水を肌の奥まで浸透させましょう。乾燥肌の方、混合肌の方、脂性肌の方は肌タイプ別に、使用する化粧水は変えます。

たとえば、乾燥肌の方は保湿効果が高い化粧水を。そして、脂性肌の方も保水効果が高いものを選びましょう。洗顔後は10分以内に化粧水で保湿ケアを。乾燥させる状態を出来るだけ起こさせないことがポイントです。

乳液やクリームでのスキンケアを見直す

乳液には油が含まれています。これは化粧水でしっかり保湿した後に、水分が逃げないように防ぐ役割を果たしています。バリア機能を高める役割を持っているのが、乳液なのです。これはクリームでも構いません。

クリームや乳液でケアをするときは「手で人肌に温めて使う」と、より浸透が良くなるようです。手のひらに乳液やクリームをしっかり伸ばして、手のひらの温度で温めてから伸ばしましょう。少量ずつ重ね塗りをすると、より効果が高まりますよ♪

10年後の美肌をキープするために、ぜひ今のスキンケアを見直してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース