管理栄養士がアドバイス♪ ダイエット中でも楽しめる「恵方巻き」の食べ方とは?

もうすく節分ですね。最近では、太巻き寿司である「恵方巻き」を食べることが当たり前のようになっています。また、コンビニやスーパーなどで色々な種類の恵方巻きを見かけますね!今回はダイエット中の方でも、カロリーオーバーにならないような恵方巻きの楽しみ方をご紹介致します。

恵方巻きの由来って?

関西地方が発祥

大阪地方を中心に太巻きを節分の夜に、その年の恵方に向かって願い事を思い浮かべながら、無言で丸かじりするという習慣がありました。以前は丸かぶり寿司と言われていた習わしがあります。

切らずに1本丸ごと食べるのは『縁を切らない』という意味が込められています。7種類の具材を使うとされているのは、七福神にちなんだもので、鬼退治すると言う説や、太巻きを金棒に見立てて、鬼を食べて鬼退治するという説があります。

基本の恵方巻きのカロリーは?

太巻き1本は500kcal〜600kcal

●基本の恵方巻きの具材●
①かんぴょう
②きゅうり
③椎茸煮
④桜でんぶ
⑤うなぎ(穴子)
⑥厚焼き卵(だし巻き卵)
⑦高野豆腐
⑧酢飯

基本の恵方巻きの具材は、砂糖で甘い味付けの物が多いですね。
次ページでは、ダイエット中の方でも安心な、恵方巻きのオススメ具材をご紹介いたします!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース