【3月9日は雑穀の日×ダイエットレシピ】雑穀をつかった“390kcal以内”のヘルシーレシピ

3月9日は、「ざ(3)っこく(9)」の語呂合わせから、“雑穀の日”とされています(日本雑穀協会により制定)。そこで今回は、ヘルシーで栄養価も高い雑穀を使用したレシピをご紹介!雑穀はごはんに混ぜて食べるだけ…という方もぜひチャレンジしてみてくださいね。クックパッド ダイエットの管理栄養士がダイエットために考案したレシピで、きれいにダイエットを成功させてみませんか?

おすすめダイエットレシピをご紹介♪

1.【390kcal】カブと鶏ササミのミルク雑炊

“消化を助けてくれるカブと優しくたんぱく質やカルシウムを補給してくれる牛乳を使った雑炊。食べ過ぎてしまった次の日にも◎”

■材料(一人分)

鶏ささみ1本(60g)
かぶ1/2個(50g)
かぶの葉1/2本(30g)
だし汁 1と1/2カップ(300ml)
押し麦大さじ2(15g)
味噌小さじ2(12g)
牛乳1/2カップ(100ml)
ごはん100g
いりごま少々(2g)

作り方

1)かぶの実はくし切り、葉は3cmに切り、だし汁、押し麦と一緒に鍋に入れて、中火で15分煮る。
2)味噌を溶き入れて、牛乳、ごはんを入れてひと煮立ちさせる。
3)鶏ささみのスジをとり、一口大に切ったら、②に入れて火をとめて蓋をし、2分待つ。
4)器に盛り付けて、ごまを振ったら出来上がり。

コツ・ポイント

しっかり鶏ささみに火が通ったか、確認してください。

2.【314kcal】雑穀団子

“ご飯に入れる雑穀がおかずに?”

■材料(一人分)

豚もも肉60g
木綿豆腐75g
玉葱20g
長ネギ10g
万能ねぎ2g
醤油小さじ2/3
塩少々
パン粉4g
片栗粉4g
あわ15g
ひえ15g

作り方

1)豚もも肉、玉葱、長ネギ、万能ねぎは細かく切り、豆腐、醤油、塩、パン粉、片栗粉でハンバーグ状にこねる。
2)あわ、ひえを混ぜ合わせて1にまぶす。
3)600wの電子レンジで約3分加熱し、中まで火を通す。
4)器に盛り付けて完成。

コツ・ポイント

電子レンジで火を入れすぎると硬くなりますが、短いと火が入らないので様子を見ながら加熱するとよいです。今回は3分で火が入りました。

まとめ

いかがでしたか?今回は、ご飯に混ぜ込む以外にも雑穀が使えるユニークなメニューをご紹介いたしました。ぜひ色々なアレンジで、雑穀を食べられるよう工夫してみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース