【週2回だけ】誰でも楽しめる「バドミントン」ダイエットをご紹介!

【週2回だけ】誰でも楽しめる「バドミントン」ダイエットをご紹介!

女性なら「いつまでに○kgやせたい」とダイエットに明確な目標を立てる方も多いのでは?期間を定めたらある程度ハードな運動をこなす必要がありますよね。それなら、バドミントンで健康的に楽しくやせてみませんか?バドミントンダイエットのやり方、やせる為のコツをご紹介します!

短期集中!チャレンジしたいスポーツダイエット

週に2~3回だけ! 本気でバドミントン

バドミントンを本気でプレーすると、なんと40分で300キロカロリー近くも消費! 至近距離での打ち合いになるため、素早い反応と動きが欠かせません。これを週に2~3回続ければ、ほどよく全身が鍛えられていきます。全身に適度な筋肉がつけば、基礎代謝もアップ。

基礎代謝がアップすれば、『やせやすい身体』になれます。しなやかな筋肉がついた身体になるのも夢じゃありません!そのうえ、バドミントンなら仲間たちとワイワイ楽しみながら続けられますよ。

下半身のストレッチをしてからプレー開始!

本気で運動するとなると身体に負荷がかかります。まずは下半身を中心にしっかりストレッチをして、筋肉に軽く刺激を与えてからはじめましょう。アキレス腱・太ももあたりは特に念入りに。

アキレス腱伸ばしは、左右どちらかの脚を前に出しておこないます。つま先がひざより後ろに来るようにして、ゆっくりふくらはぎ・アキレス腱を伸ばしましょう。股関節は、両膝が開くようにあぐら座りをして伸ばします。ひざに手をあてて回すのも効果的。身体がしっかり温まったところで、ようやくプレー開始です。

【下半身太りさん必見】むくみ解消への近道は「足の甲マッサージ」にあり!

1対1で戦うシングルスは運動効果大◎

シングルスとダブルスを比べると、よりダイエット効果が高まるのは前者。シャトルを落とさないように、常に自分が動かなくてはいけないからです。ダブルスだと、パートナーがいる分、やはり動く範囲が狭くなります。

続けやすいメリットはありますが、息切れするほどにはならないのが難点。シャトルに反応するときの反射力が、運動負荷を高めるポイント。より集中的にやせたい方はシングルスでダイエットにチャレンジしましょう。

バドミントンを続けてリバウンド防止

一ヶ月も続けると、身体に変化がでてきます。「目標を達成したから」とすぐやめてしまうのは、リバウンドのもと。せっかく痩せた身体が戻らないよう、バドミントンを続けましょう。地域のサークルやクラブに入るとより楽しく継続できます。

【リバウンドしない!】無理のない「減量ペース」について管理栄養士が解説

ぜひ続けてみましょう!

試合に出られるくらい上達すると、より向上心を抱くはず!地域の運動情報は、市区町村役場やフリーペーパーで見つかりますよ。
近くにバドミントンをやっているところはないか、探してみてはいかがでしょうか。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース