成分をしっかり抽出。しかも美味しい【フルーツビネガー】を作る5つのコツ

メイソンジャーやオイルピッチャーに入れるとキッチンのインテリアとしても素敵な【フルーツビネガー】果物とお酢と氷砂糖を容器に入れて置いておくだけ。しかし「果物が傷んでしまった」「味がぼやけてる」なんてことも。失敗しない【フルールビネガー】作りのコツをまとめました。

もっと美味しい【フルーツビネガー】を作るコツ

○コツ1 ベースのお酢を選ぶ
お酢は原料の違いで色や酸味や香りが変わります。どんなお酢でもお使いいただけますが、ドリンクにはワインビネガーやリンゴ酢、お料理には米酢、穀物酢、黒酢が使いやすいです。

○コツ2 容器選びと消毒
密閉できるガラスの容器がおススメです。お酢は酸性なので金属の蓋の場合はラップを挟んで蓋をしましょう。消毒はビンと蓋が入るお鍋に水から入れて15分ほど沸騰させます。トングなどで取り出し、キッチンペーパーの上で乾燥させます。

○コツ3 フルーツ選び&下ごしらえ
フルーツは何種類かお好きなフルーツを組み合わせてもOK。ただし、いちごやブルーベリーは特に色素が水にうつるので、二つをミックスにするか、単品で漬けこむときれいな色に仕上がります。また水洗いしたフルーツの水気はペーパータオルなどでふき取ってください。水気が残っていると漬け込んでいる時に腐敗の原因となる場合があります。

○コツ4 フルーツとお酢と氷砂糖の割合
フルーツ:お酢:氷砂糖=1:1:1~0.3 甘さはお好みでOK。ただし、お砂糖の浸透圧が果物の成分抽出を助けるので減らし過ぎないように。

○コツ5 糖分は氷砂糖がおすすめ
氷砂糖はグラニュー糖や上白糖よりもゆっくり溶けるため、絶妙なバランスで果物の成分をじっくりと抽出します。氷砂糖が溶けた時が出来上がりサインです。
粒子の小さいグラニュー糖や上白糖は下に沈殿し、溶けにくくなることもあります。氷砂糖なら漬け込んだままかき混ぜたりしなくてもいいので果物の果肉を傷めることが有りません。出来上がりを早めたい場合には、一週間に2回ほどビンをゆっくりひっくり返したり傾けて均一に混ざるようにしましょう。

基本のレシピは

ダイエットの味方!フルーツビネガー♪

”健康のために、毎日取りたいお酢。簡単に作れるフルーツビネガーで、美味しく健康に、そして、ダイエットにも効果的!”

クックパッドでレシピを見る
出典:クックパッド「 ダイエットの味方!フルーツビネガー♪ by のりママ1109 」

まとめ

ゆっくりと溶ける氷砂糖や果物から抽出される色素は、あわただしい日々を忘れさせてくれます。毎日忙しい皆さま、【フルーツビネガー】作りで癒やされてみてはいかがでしょう。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース