ダイエット中のおやつにビーフジャーキーがおすすめな理由!

アメリカには、ワークアウトのお供になる良い補食がたくさんあります!スポーツ大国だけあり、特にスポーツをする方におすすめしたい食材で溢れています。今回は、アメリカよりビーフジャーキーをご紹介いたします。おつまみのイメージの強いビーフジャーキーですが、ダイエット中の方にもおすすめなんです!

アメリカのビーフジャーキーの種類は日本より圧倒的!

アメリカには、たくさんのビーフジャーキーが並んでいます。味もプレーン味から照り焼き味やピリっと辛いペッパー味などバラエティー豊です。ビーフジャーキーの他に、ターキージャーキー、ベーコンジャーキーもありますよ。形状は、細長い棒になったスティックタイプと薄切りにされた袋詰めタイプがメインです。内容もそれぞれで、脂質を控えたものから、高たんぱく質、グルテンフリー、人口添加物なしのオールナチュラルタイプまで、様々な方のこだわりにも対応できます。ナッツやドライフルーツ、ココナッツが一緒にパックされているものもあります。

ダイエット中のおやつにおすすめ!

ビーフジャーキーはダイエットされる方におすすめな補食です。たんぱく質をビーフジャーキーから摂取して、少しでも筋肉の量を増やすことで、基礎代謝量のアップに繋がり、リバウンドしにくい体を作ることができます。噛みごたえもあり満足感も得られるので、小腹が空いた時、口寂しい時に良いですね。

ビーフジャーキーのカロリは1枚13kcal(4g)。1日5〜8枚程度を目安に摂取すれば、スイーツなどに比べて栄養バランスも良く、カロリーダウンも期待できますよ!また、鉄、亜鉛を多く含んでいるので、貧血の方や、冷え性の方にも効果的です。

引き締まった体を目指したい方へ

アメリカにおけるビーフジャーキーの活用方法は、スポーツなどで体作りされている方や、日頃からスポーツジムやヨガクラスなどで健康のために体作りをされている方のお助けアイテムのひとつです。ビーフジャーキーは、袋詰めされているのでいつでもどこでも食べられます。さらには、筋肉の材料となるたんぱく質を多く含んでいるので、運動前や運動後に補食として食べれば、より体作りもスピードアップします!また、牛肉に含まる鉄分は、酸素を全身に供給してくれる働きがあるので、スタミナアップにも効果がありますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?あまり日本では見慣れないビーフジャーキーですが、アメリカでは日常生活の定番食材として、いろんな場所で品数多く売られているのを目にします。スポーツやヨガ、トレーニングと併用して、健康的な体作りをバージョンアップさせてくれるこういった補食を積極的に摂取するというのは、いかにもアメリカらしいですね。皆さんは、ダイエット?体作り?どちら派ですか?

ビーフジャーキーは塩分が高いので食べ過ぎると体がむくんでしまいます。くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、クックパッド ダイエットの無料メールマガジン

現在、クックパッド ダイエットのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

完全無料!メルマガ登録

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース