【3カ月で-6kgを達成】実は努力家なダレノガレ明美が実践したダイエット方法とは?

スリムな体型でランウェイを颯爽と歩くモデル。そんな誰もが憧れる女性たちはどんなダイエットをしているのでしょうか?ここでは明るさの裏側に努力の顔を持つモデル、ダレノガレ明美さんが3ヶ月で-6kgの減量に成功したダイエットをご紹介しましょう。

実は60kgオーバーだった過去が!

明るいキャラクターでバラエティ番組を中心に大活躍のダレノガレ明美さんは、とてもスリムな体型をしているので、ダイエットと無縁と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、学生時代には最高体重65kgもあったことを自ら公表しています。こんな過去があったなんて、今の彼女を見ると想像できないですよね。そして、モデルとしての活動を開始した後も、3ヶ月で-6kgのダイエットに成功しています。あのスレンダーな姿の裏には陰ながらの努力があったのです。そんなダレノガレ明美さんのダイエット方法を、運動、食事などの面から詳しく見ていきましょう!

運動はウォーキングと水泳が中心

運動好きなダレノガレ明美さんは、ダイエットに運動をうまく取り入れて脂肪を効果的に燃焼させることに成功しました。ダイエット中は毎日最低1時間のウォーキングを欠かさず、なんと最高6時間もウォーキングをした日もあるほど!好きな音楽を聴いて楽しみながらウォーキングをすることで苦にならなかったそうです。
そして、ジムのプールで泳ぐいたり、水中ウォーキングを100mずつ90分間繰り返す運動も実践していました。90分もの時間を休まず泳ぎ続けるのは非常に大変ですが、泳ぐ・歩くを交互に行ったことで常に体を動かし続けることができました。
ちなみに、1時間あたりの消費カロリーは体重50kgの人の場合、
・ウォーキング(毎分81m)約173kcal、
・クロール約420kcal
・平泳ぎ約525kcal
となります。

夜は炭水化物控えめ、たまにはお菓子もアリ

ダレノガレ明美さんはダイエット中、朝食は黒ごま豆乳バナナジュース、昼食は和食・焼魚を中心に自分が食べたい物、夕食は炭水化物を控えて野菜やおかずを多く、という食生活でした。そして、週に2回は自分へのご褒美としてチョコレートやクッキーを朝やジムに行く前に食べていたそうです。我慢しすぎないルールを設けたことが、ダイエットを続けられたポイントでしょう。
お菓子を食べるなら、その時間帯が重要です。一日のうち、ビーマル1という脂肪を蓄積させる作用があるタンパク質が最も少ない午後2時は食べても太りにくく、その後は徐々にビーマル1が増加していきます。夜に食事をすると太りやすくなる理由はここにあります。ご褒美としてお菓子を食べるなら午後2時前後にしましょう!

脚ヤセにはリンパマッサージが効果大

ダレノガレ明美さんは脚を細くするために、ウォーキングのほかにも、お風呂から上がった後に時間をかけてリンパマッサージをしていたそうです。これが現在の美脚を手に入れられた理由だったんですね。脚に蓄積した老廃物やセルライトはなかなかなくなりません。そこで、リンパを刺激することで老廃物とともに蓄積したセルライトを柔らかくして、排出させるリンパマッサージが有効というわけです。リンパマッサージをする前にコップ1杯の水を飲むと、リンパの流れがスムーズになって老廃物を排出しやすくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?スレンダーな体型にはこんな秘密があったのですね!運動や食事面など、複数のダイエット方法を組み合わせたことがダイエットを成功へと導いた要因です。ダイエット中は運動も欠かさず、ダイエットが高じてジュニアアスリートフードマイスターの資格も取得したようです。実は努力家なダレノガレ明美さんのダイエット方法は、ウォーキングや適度な食事制限、リンパマッサージなど、すぐに始められることばかり。ぜひ、ダレノガレ明美さん流のダイエットを取り入れてみましょう。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース