わずか1カ月で【驚きの-7kg!】西野カナが成功したダイエット方法とは?

等身大の恋の歌を歌い、同姓からの支持を得ている歌手、西野カナさん。実は彼女の共感ポイントはダイエットにもあったのです。彼女のダイエット方法は、どれもすぐに真似できるものばかり。スレンダーな美脚を手に入れるための秘訣とは?

ストレスが原因?ふっくらしていた過去が・・・

若い女性を中心に大人気の歌手、西野カナさんといえば、ミニスカートが良く似合うすらっとした美脚の持ち主ですよね。しかし、その多忙さが原因なのか、ストレスでふっくらしていた過去があります。なんでも身長158cmに対して体重は50kg後半にまで増えてしまったとか。その後、専属トレーナーの指導を受けてダイエットに励んだことが功を奏し、わずか1カ月で-7kgも体重を落とすことに成功しました!私達が個人的に専属トレーナーの指導を受けることは難しいですが、西野さんのダイエット方法は誰でもすぐに始められるものばかりです。この注目すべきダイエット方法について、詳しく見ていきましょう。

食事の時間、間食、食材に気を付けよう

西野カナさんがダイエットに成功した理由には、下記のような食生活の改善があげられます。
1.夜6時以降は食べない、食べてすぐ寝ない
脂肪の合成を促す作用があるビーマル1というタンパク質の一種は、夜6時以降になると急激に増加します。遅くとも夜8時までには夕食を済ませ、食べてから寝るまでは3時間程度は空けるようにしましょう。
2.間食は控える
運動でカロリーを消費するのは思っている以上に大変です。ダイエット中の間食はしないに越したことはありません。
3.ヨーグルト、オリーブオイル、野菜を摂取する
整腸作用があるヨーグルトやオリーブオイル、野菜の酵素で痩せやすい体に変化させましょう。

有酸素運動でカロリー消費!

西野カナさんは有酸素運動の代表ともいえるジョギングを、距離を決めるのではなく「今日は1時間」というように時間を決めて取り組んでいました。そうした方が心理的なプレッシャーも少なかったそうです。ライブで地方を回るスケジュールのため定期的にジムやヨガなどに通うのが難しかった西野さんは、ツアー中もよく空いた時間を使ってジョギングをしていました。ジョギングならシューズと動きやすい服装があればどこでも始められますよね。有酸素運動は始めて20分たったころから脂肪が燃焼されやすくなるので、20分以上は続けるように気を付けていたそうです。

効率的なジョギングの方法はコレ!

1.朝食前に走ろう
朝食前のジョギングは、空腹で太る原因となるインスリンの分泌が下がっているので、脂肪が燃焼されやすく効果的です。朝ジョギングをする場合は特にですが、必ず水分を取ってウォーミングアップしてから走るようにしましょう。
2.脂肪を燃やす呼吸法で走ろう
効率的なジョギングのためには、より多くの酸素を取り込むことが重要です。2回吸って2回吐くという呼吸法がおすすめです。そして、吐く方を意識すると自然にしっかり酸素を吸い込めるので、楽に走ることにもつながります。
3.走るフォームに気を付けよう
ジョギングは走るフォームも重要です。腕はしっかりと後ろにまっすぐ引き、お腹を延ばしてきちんと呼吸できるようにしましょう。腕をまっすぐに引くと背筋にも力が入り、上半身も使った走りができます。

まとめ

いかがでしたか?西野カナさんのダイエット方法は、今からすぐ始められるシンプルな方法ですが、着実に効果が現れるものでした。やはり食生活の改善と運動はダイエットには欠かせない重要なポイントですね。太る要因となるものを避けて、効率的に結果を得られるように、小さなことも見直してコツコツと続ければ、自然と結果はついてくるはずです。さらに代謝をあげたい人は、スクワットなどの筋力アップ運動を有酸素運動と組み合わせて行うものオススメですよ!

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース