【海のミルクはダイエットに効果的!】旬の食材「牡蠣」の魅力に迫る!

ビタミン類・ミネラル類をバランスよく含むことから、海のミルクと呼ばれる牡蠣。実は今がとても美味しい季節なのです! 今回は、そんな旬の味覚である牡蠣の栄養ポイントをお伝えします♪

亜鉛の含有量は、向かうところ敵なし!

亜鉛は、細胞が新しく作られるのを促す働きがあるため、美肌作りに大きく貢献します。また、たんぱく質が合成されるときにも関与するため、筋肉をつくり、基礎代謝をアップさせるためにも大切です。そんな亜鉛の含有量が、牡蠣はダントツでトップです!亜鉛は、ダイエットにより食事量が減ることで不足しがちなミネラルの一つですが、牡蠣を4個食べると、亜鉛の1日の推奨量をクリアすることができます。

痩せやすい身体作りに必要なたんぱく質と鉄を賢くチャージ!

「筋肉をつけるためにたんぱく質を摂らなくちゃ!」と思って食事をしていると、知らない間にカロリーオーバーなんてことはありませんか?効率よくたんぱく質を摂取するには、カロリーと脂質にも注目しましょう。牡蠣は、たんぱく質が適度に含まれているうえ、低カロリー・低脂質です。たんぱく質の含有量は、牡蠣5個で卵1個のたんぱく質量とほぼ同じです。全身に酸素を巡らせ、基礎代謝のアップに関わり、貧血予防にも有効な鉄も含まれています。鉄はビタミンCと組み合わさることで吸収率がアップするので、生であればレモン汁をかけていただくとgood!ダイエット中の女性は、ぜひこの優秀食材を味方につけましょう。

水溶性ビタミンはスープでいただくのが◎!

牡蠣とあさりに含まれているビタミンB12は、赤血球をつくるときに働く”造血のビタミン”です。なんとなく疲れる、食欲がわかない、集中力がもたない、といった自覚症状がある場合、貧血の可能性があります。“貧血改善=鉄分”という意識に加えて、ビタミンB12もしっかり摂ってみてはいかがでしょうか。ビタミンB12は、動物性食品に多く含まれています。水溶性のため、効率的に摂るにはスープがおすすめです。これからの寒い季節、こちらのレシピはいかがでしょうか?

ダイエットプラスでレシピを見る 出典:ダイエットプラス「肝機能回復!牡蠣の豆乳クミンチャウダー」

まとめ

牡蠣に含まれるグリコーゲンは、夏の牡蠣にくらべて冬では約10倍も多く含まれるといわれています。また、牡蠣には生で食べることができる「生食用」とお鍋に入れたり牡蠣フライに使う「加熱用」がありますが、この区別は、鮮度の違いではなく、牡蠣の採れた海域の違いによって区別されています。生でも、火を通しても、どちらもまた違った美味しさが味わえる牡蠣、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね♪ 

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース