クリームみたいでなめらか食感♪今話題の「発酵豆乳入りマーガリン」って?<PR>

皆さんはマガーリンと聞くとどのようなものを思い浮かべますか?今回ご紹介する商品は、クリームみたいでなめらか食感の「発酵豆乳マーガリン」です。あまり聞きなれないマーガリンを詳しく解説していきます!

「発酵豆乳入りマーガリン」って?

今回ご紹介するのは、「発酵豆乳入りマーガリン」です。容器を開けた記者が見たのは、なんと雪のような白さのマーガリン! クリームみたいで、とてもなめらか。やわらかい食感が特徴でした。想像していたのは豆腐味のマーガリンだったのですが、それっぽさはナシでした(笑)。

まろやかさが特徴♪

いわばこれは発酵バターのマーガリン版ですね。発酵バターといえば、高級レストランのテーブルで、パンのお供に塊で出てくる、あれ。あのまろやかな味をマーガリンで表現したのが、この「発酵豆乳入りマーガリン」のような気がします。でも発酵マーガリンって材料的には作れないよなぁ…………だから、発酵豆乳を使ってるんだ、と勝手に理解した次第です。

気になるトランス脂肪酸の含有量は?

そしてマーガリンといえど「発酵豆乳入りマーガリン」には例のニオイは0。例の白さは無着色・無香料ゆえなのでした。べに花油をパーム核油の低温で固まる性質を利用して練り上げているため、フツーのマーガリンとは異なり、トランス脂肪酸の含有量もものすごく低めなんですね。そして食べ物に含まれる「気になる要素」はできるだけ減らしたいというヘルシー思考のお客さんに支えられ、「発酵豆乳入りマーガリン」は発売から10年以上。ロングセラー商品となっているのでした……。

発酵豆乳マーガリンを詳しく知る

お値段は?

気になる実売価格はAmazonで確認したところ、フツーのマーガリンの約2倍程度。高値のバターをマーガリンで代用する風潮も最近はありますが、そういう用途のマーガリンではありません。「発酵豆乳入りマーガリン」を正当に評価できるのは、もっとグルメな方であろうと推察いたします。

パンに塗るだけではない!アレンジレシピをご紹介!

豆乳マーガリンでコクをプラス!菜の花とたらこの春色しらたきパスタ風

パスタの代わりにしらたきを使うことでカロリーを大幅ダウン!その分コクと風味をプラスした、ダイエット中でも気兼ねなく食べれるレシピ

▶菜の花とたらこの春色しらたきパスタ風

まとめ

実際、普通のマーガリンのようなニオイがないので、菓子パンに付けると味が引き立ちました。またココアを作る際、バターの代わりに使うと上品な味になりました。クラッカーに食材を載せる時、サンドイッチを作りたい時などにもオススメ。とくにフルーツサンドでは、果物の味覚や香りの邪魔になりませんでした。注意点としては、あまりに上品な口当たりであるがゆえに、たくさん使ってしまいがちでダイエッターには危険ということ。カロリーはフツーのマーガリンと変わらないので、ここだけは注意ですが(トースト1枚分用にマーガリン10グラムで換算したら約75kcal)、植物性の材料にこだわっていますので、ベジタリアンの方にもオススメできますね。ぜひお試しください!

発酵豆乳マーガリンの詳細はこちら!

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

カテゴリ別ニュース