【実は嬉しい効果が◎】ダイエット中に食べてもいいチーズって?

チーズは牛乳などの生乳から作られている食品なので、カルシウムが豊富です。脂肪分が気になるところですが、実はチーズはダイエットの味方!量を調整して食事や間食にチーズを取り入れて、素敵なチーズライフを楽しみませんか?

チーズにはどんな種類があるの?

チーズにはたくさんの種類があります。
日本で食べられているチーズの多くは牛乳、つまり牛のミルクから出来たものですが、牛以外にも山羊や羊、水牛のミルクから出来たものなどがあります。

チーズのタイプで分けると…
・熟成させないフレッシュタイプ
・表面に白カビを繁殖させる白カビタイプ
・風味が独特で塩気の強い青カビタイプ
・外皮を洗いながら熟成させるウォッシュタイプ
・水分が少なく硬いハードタイプ
などがあり、それぞれのタイプにもたくさんの種類があります。

チーズの栄養成分は?

チーズは種類によって栄養成分は異なりますが、牛乳などが主成分なので、カルシウムやたんぱく質が豊富に含まれています。
また、牛乳などの生乳から水分を絞って作られているため、生乳の数倍の量の栄養が含まれています。少量で効率よく、さまざまな栄養を摂取出来ると考えられますね!

チーズの嬉しい効果とは?

1.良質なたんぱく質でダイエットを助ける

チーズには必須アミノ酸がバランス良く含まれており、その含有量の多さから、たんぱく質の王様とも言われています。
また、最近の研究では、チーズに含まれているたんぱく質は満腹感を促すため、食べすぎを防ぐような効果を期待できるといわれています。
ダイエット中の間食には、チーズを選んでみてもいいかもしれません♪

2.カルシウムが豊富

チーズにはカルシウムが豊富です。さらに、チーズに含まれているカルシウムは吸収率も良いといわれています。
カルシウムは育ち盛りのお子様だけでなく、どんな年代の方にも重要な栄養素です。
カルシウムを十分に摂取することで、骨粗しょう症の予防や、精神の安定などに効果を期待できますね。

3.ビタミンB2が肥満予防や疲労回復を助ける

チーズには、ビタミンB2も豊富に含まれています。ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変換する役割があります。
エネルギーをすぐに必要とする、疲労している時にチーズを食べることは理にかなっていますね。
また体脂肪を効率よく燃焼するためにも、ビタミンB2は必要な栄養素。チーズはダイエットを助けてくれる食品だと考えられるのです。

4.低GI値で血糖値の急上昇を抑える

チーズは低GI値の食品です。
GI値が低い食品は、血糖値の急上昇を抑えられるため、太りにくい体質づくりにはぜひ取り入れたいもの。さらに、そんなチーズを食事の最初に取り入れることで、よりその効果を感じられるといわれています。
血糖値が気になる方は普段の食事に、チーズを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ダイエットにはフレッシュタイプ

フレッシュタイプのチーズは、低カロリー・低脂肪・塩分控えめです。
モッツァレラチーズやカッテージチーズ、リコッタチーズなどが、フレッシュタイプのチーズにあたります。
チーズを食べたいけれど、カロリーや脂肪分が気になるという方は、フレッシュタイプのチーズを選ぶと良いでしょう。

さいごに

チーズを食べると嬉しい効果をたくさん期待できますね。ただし、どんな食品にもいえることですが、食べすぎは禁物です。

チーズの種類にもよりますが、塩分や脂肪分が多めであることは確か。
適度な量のチーズを食べて、健康的な食生活を送りたいものですね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース