ダイエット中でも◎クリームシチューを低カロリーにする3つのポイント

クリームシチューは脂肪分が高く、高カロリーのためダイエット中には控えたい食べ物のイメージですよね。しかし3つのことに気をつければ、クリームシチューが低脂肪で低カロリーな食べ物に早変わりしてしまうんです!気をつけるべき3つのことをご紹介します。

その1:お肉に注意をするべし!

鶏むね肉orささみがおすすめ

クリームシチューを作る際、鶏もも肉を使用している方が多いのではないでしょうか。同じ鶏肉でも、鶏むね肉やささみは低カロリーで低脂肪なお肉です。さらに、たんぱく質が高いため、ダイエット中にはおすすめなお肉でもあります。

ダイエットには、脂肪を燃やす働きをする筋肉は不可欠なもの!
たんぱく質は、そんな筋肉を作るために欠かすことのできない栄養素です。ダイエット中には意識して摂取していきましょう。

魚もおすすめ

クリームシチューには、魚を使うのもおすすめです。特に鮭はクリームシチューと相性が抜群!鮭も鶏むね肉、ささみと同じく低カロリーで低脂肪。その上、たんぱく質が高く、ダイエット中にぜひ取り入れたい食材です。

さらに鮭の脂肪には、EPAとDHAが多く含まれています。EPAは、血液をサラサラにする働きがあり、生活習慣病の予防に効果を期待できます。DHAも認知症の予防や、記憶力の向上に効果があると言われています。

参照・参考:MARUHA NICHIRO

その2:ダイエットの味方になる野菜を入れよう!

大きめにカットした野菜をたっぷりと

ダイエット中のクリームシチューの具材には、野菜をたっぷりといれてカサを増すことがおすすめです。
野菜は大きめにカットすることにより、意識をしなくてもしっかり噛まなければいけなくなります。そうすることで、満腹中枢が働き、食べ過ぎの防止に繋げられると言われています。

ダイエットの味方!ブロッコリー

ブロッコリーに含まれるミネラルの成分には、脂肪を燃焼させる働きがあると言われています。また、食物繊維も豊富に含まれているため、便秘の解消にも効果が期待できます。

さらにブロッコリーには、肌のシミやくすみの原因となるメラニンを抑える働きや、肌のハリを保つ効果の期待できるビタミンCも含まれており、女性に嬉しい様々な効果があると言われています。

むくみの解消に期待できる白菜も

クリームシチューに入れるイメージがあまりない白菜ですが、実は相性抜群で、シチューがとっても美味しくなる野菜です。さらに白菜にも、ダイエット中の味方となる嬉しい要素が含まれています。

白菜に豊富に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を尿と共に排出する働きがあります。そのためむくみの解消に効果を期待でき、すっきりした身体を手に入れることに役立つと言われています。さらに食物繊維も豊富で、便秘の改善にも効果を期待できますよ。

その3:低脂肪の牛乳を使おう

低脂肪牛乳やスキムミルクを代用

クリームシチューを作る際、一般的には生クリームや牛乳を使用していますよね。しかし、これを低脂肪牛乳やスキムミルクに代えるだけで、カロリーも脂肪もかなり抑えることができるんです。特にスキムミルクは、牛乳から脂肪分をできる限り抜いた物であるため、低脂肪のクリームシチューを作るのにはぴったりです。

以上の3つの要素に気をつければ、ダイエット中もクリームシチューを食べやすくなるのではないでしょうか?ぜひ参考にしてみてくださいね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース