赤ちゃんも肥満になるの?「カウプ指数」診断で栄養状態をチェック

赤ちゃんも肥満になるの?「カウプ指数」診断で栄養状態をチェック

「カウプ指数」は、赤ちゃんの栄養状態や体格をチェックする際に参考となる数値。赤ちゃんの肥満診断はむずかしいものですが、「太り過ぎ?」「やせすぎ?」といった新米ママの不安を和らげる目安になります。計算方法や基準値などをご紹介します。

カウプ指数とは?

乳幼児の栄養状態がわかる指数!

カウプ指数は、生後3か月から5歳までの乳幼児を対象として、栄養状態などを簡易的に示す数値のこと。健診などにおいて、肥満ややせ気味など発育の程度を診断する際に用いられています。

乳幼児の標準的な発育を数字で確認できるため便利ではありますが、生まれつきの傾向は考慮されず、年齢によって判定基準も変化していくため、あくまでも参考値として捉えるようにしましょう。

カウプ指数の計算方法

カウプ指数は、以下の計算式に基づいて算出します。

体重(g) ÷ 身長(cm) の2乗 × 10

少々わかりにくいので、具体的に計算してみましょう。身長90cm、体重13kgのお子さんの場合、以下のようになります。

{13,000g÷ (90cm×90cm)}× 10=16.04…

四捨五入して、カウプ指数は「16」となります。

カウプ指数の判定基準

カウプ指数の基準値は15~17とされています。14以下をやせ、18以上を肥満と診断するケースが多いですが、年齢によって正常値が変動します。なお、男女差はありません。ただし、赤ちゃんのときには個人差が大きいため、あくまでも目安として理解しましょう。

【年齢別の正常値の目安】
乳児 ※生後3か月以降:16〜18
満1歳:15.5~17.5
満2歳: 15~17
満3歳:14.5~16.5
満4歳:14.5~16.5
満5歳:14.5~16.5

幼児肥満は危険!?

幼児期の対策が重要

赤ちゃんはぷくぷくしているほど可愛らしいですよね。このぷくぷく感は赤ちゃん特有のもので、通常、1歳を経過したあたりから、成長とともにふっくら感はだんだんと減り、就学前にはほっそりとした体格となっていきます。

しかし、アディポシティリバウンドが生じるケースも。これは、乳児期に増加した体脂肪がいったん減少したものの、就学前に再び太りはじめてしまうことを指します。就学前に肥満となってしまった子供は、そうでない子供と比べて、思春期肥満になる確率が上がるという説もあるそう!幼児期の肥満対策は、その後の成長にも影響するといえます。

参照:日本小児科学会 幼児肥満ガイド(http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=110)

まとめ

カウプ指数で、確認しよう!

幼児期は肥満対策が行いやすい時期ともいわれています。食事の管理を親が担うことが多いためです。偏食は肥満の原因となることも。幼い頃からバランスのよい食事を摂取できるよう、好き嫌いを少なくする工夫をしてみましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース