【手軽に作れて効果抜群!?】白湯を飲んで身体の中からキレイを目指す!

【手軽に作れて効果抜群!?】白湯を飲んで身体の中からキレイを目指す!

皆さんは白湯を飲んだことがありますか?白湯は美容やダイエットに効果的といわれており、今注目されている飲み物です。白湯は自宅で手軽に作れますし、お金もかからないので手軽に取り入れられます。今回は、白湯が持つうれしい効果や作り方、飲み方のポイントなどをお伝えいたします。

白湯の基礎知識

そもそも白湯ってどんなもの?

白湯(さゆ)とは、何も入れていない水を沸騰させ、飲める温度まで冷ましたお湯のことをいいます。身体への負担が少ないため、以前は赤ちゃんや病気の人が飲むことの多い飲み物でしたが、最近では美容効果やダイエット効果が知られるようになり、美意識の高い女性たちの間でも話題になっています。

普通のお湯との違いとは?

白湯と普通のお湯の違いは、「沸騰させているかどうか」です。水を40℃以上に温めたものの総称がお湯であり、その中でも一度沸騰させたものが白湯と呼ばれています。

白湯を飲むと得られる効果とは?

体温が上がり代謝がアップ!

白湯のような温かい飲み物を飲むと内臓が温まり、体温アップにつながります。体温が上がると代謝もアップするといわれており、やせやすい体質につながりダイエット効果が期待できます。

内臓の働きがよくなり身体の中からキレイに!

白湯を飲むことで内臓の動きが活性化し、便秘の解消などにつながり、身体の中からキレイを目指せます。体内の老廃物がスムーズに排出されると美肌効果やむくみ解消などにも効果的です。

白湯を上手に取り入れるポイント

白湯の作り方

(1)鍋ややかんに水道水あるいはミネラルウォーターを入れて強火にかけ、沸騰させる。
(2)沸騰したら火を弱め、10~15分沸かす。
(3)火を止めてカップに注ぎ、50℃前後まで温度が下がったら完成。

不純物が少ないミネラルウォーターの場合、電子レンジや電子ケトルで沸かして作ることも可能です。電子レンジの場合、カップ1杯分の水を入れて500Wで1分半~2分程度加熱しましょう。

白湯を飲むタイミング

●起床後
睡眠中は想像以上に汗をかいており、体内の水分が不足した状態になっています。そのため、起床後に白湯を飲むのがおすすめ。水分不足を補えますし、温かい白湯で体温が上がったり、内臓の働きがよくなる効果が期待できます。朝のスタートに白湯を取り入れてみましょう。

●食事中
白湯の味に慣れてきたら、食事中に取り入れるのもよいでしょう。温かい飲み物は空腹感を落ち着かせるので早食いや食べ過ぎ予防にも効果的です。

●就寝前
寝ている間に脱水状態になるのを防ぐためにも、就寝前にコップ1杯の白湯を飲むのもおすすめです。身体が温まるとリラックスし安眠効果が期待できます。

白湯を飲む際の注意点

白湯は1日あたり800ml程度を目安として飲みましょう。また、一度にたくさん飲むと胃腸に負担がかかったり、胃酸が薄まってしまい消化不良につながるおそれもありますので、少しずつゆっくりと飲むとよいでしょう。

まとめ

白湯を飲んで無理なくキレイを目指そう!

いかがでしたか?手軽に作れて、毎日の生活に取り入れやすい白湯。白湯の効果を短期間で実感するのは難しいので、長く継続することが大切です。毎日コツコツ続けて、内側から美しくなりましょう。

【参考文献】
白湯で体質改善―代謝がアップ、むくみを解消. 株式会社 日本経済新聞社
(https://www.nikkei.com/nstyle-article/DGXNASFK0601F_W0A700C1000000/)
閲覧日:2023年9月8日

カテゴリ別ニュース