バストサイズは落としたくない!!美しくやせるためのアドバイス<ビューティー&ダイエット>

ダイエットに成功しても、以前より胸が小さくなっていたら…女性としてはやっぱりショックですよね。胸の大きさを保ちつつ、美しくやせられる方法はないものでしょうか? そこで今回は、余計なバストサイズを落とさないダイエット法をご紹介します♪

バストのサイズダウンを回避しながらダイエット♪

スイミングで回避!

あらゆるダイエット法の中でも人気のスイミングは体幹を鍛えられるうえ、全身運動なのでからだ全体を引き締めることができます。

また、直接 胸の脂肪を燃焼するタイプの運動ではないので、胸が小さくなるのを避けることができます。さらに、プールの中で歩く”水中ウォーキング”なら、下半身を中心に鍛えることができるので、胸に負荷がかからず安心です!

部分的な筋トレで回避!

例えばスクワットや腹筋などは、太ももやお腹などのワンポイントを鍛えることができます。全体的な代謝が高くなるものの、胸が直接小さくなるということは、ほとんどないと言われています。

気になる部分だけ、ワンポイントで鍛えていけば、安心してトレーニングの効果を得ることも可能です。ジムに行けば、マシンを利用して部位別に鍛えることができるので、利用してみてはいかがでしょうか。

有酸素運動で回避!

有酸素運動とは、ランニングやウォーキングなどの酸素を効果的に取り入れた方法です。基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼を高めてくれます。

また有酸素運動は、無駄な脂肪から燃焼されます。そのため、お腹の贅肉などから燃焼されていくとされています。特にウォーキングは激しい動きがある運動ではないので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

胸が小さくなるトレーニング方法ってあるの?

胸の筋肉を鍛えると、胸筋が付いて脂肪燃焼を早めてる可能性があります。大胸筋を鍛えればバストアップ効果が期待できるといわれていますが、胸の筋肉の土台が鍛えられるだけで、直接バストアップ効果に繋がることはないようです。

基本的には他のトレーニング方法でダイエットを行い、胸はそのままにしておくというのが良いでしょう。また、胸は体質や遺伝も関係しているので、エクササイズのせいで小さくなってしまうとは一概にはいえません。ぜひ以上の点を意識して運動してみてください。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース