和食のトッピングにも!実は身近なスーパーフード「ヘンプシード」とは?!

様々なスーパーフードが話題になっています。しかし、買ってみたもののそのまま放置…なんてことはありませんか?! そこでおすすめが「ヘンプシード」。今回は、和食に良くなじむスーパーフード「ヘンプシード」について、あらためてご紹介します!

和食になじむのには…理由があった!

七色唐辛子の「プチッ!」とした食感の実のこと

ヘンプシードというと、何やら遠くの国の植物の実…という気がしますが、日本語では「麻の実」のことを指します。日本オリジナルのスパイスである七色唐辛子に入っている、あの「プチッ」とした食感の香ばしい実でのことです。

麻の実は地域によって、お稲荷さんや、がんもどきに入っているなど、和食に身近な存在なんですよ。

ヘンプシードには大豆以上のたんぱく質が!

加熱せずに食べられるというメリットも♪

ヘンプシードがスーパーフードといわれる理由は、タンパク質食品であるということ。
殻付きのヘンプシードにはタンパク質が35%含まれています。しかも9つの必須アミノ酸全てが含まれているから、アミノ酸が体の中で効率的に働きます。
特にBCAA(分岐鎖アミノ酸)のロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸が豊富。BCAAとは、疲労回復や筋肉の疲れに有効なアミノ酸です。

摂り方としては、スムージーやヨーグルトに混ぜるだけでもOK。運動の直後に摂れば筋肉疲労を和らげることができます。

また加熱せず生のまま食べられるため、豊富な栄養成分を損失することがないという点も大きな魅力ですね。

まとめ

著者オススメの食べ方

ちなみに著者は、TKG(たまごかけご飯)や納豆のトッピングに、ヘンプシードが欠かせません。普段着の日本食に合うヘンプ。ダイエット中にもオススメな食材なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース