肌の色をグンと引き立てる♡ネイルカラー選びのポイントは?<ビューティー&ダイエット>

爪を美しく彩る定番のネイルアート。でも、ネイルのデザインにばかりこだわっていませんか? 自分の持つ肌色に合うネイルカラーを選べば、手元をもっと魅力的に見せることができますよ!今回は自分の肌色を引き立たせて、いつでも眺めたくなっちゃうネイルに仕上げるためのカラーアドバイスをお届けします。

肌色別おすすめネイルカラー

色白タイプ

色白の方はピンクやブルーの色味が肌に現れるので、くすまない明るい色がおすすめです。鮮やかな原色を使うと、ちょっぴり目立ちすぎてしまいます。パステルカラーやスモーキーカラーだとほんのり色づいてくれますよ。赤やパステル、パールホワイトなどを使いましょう。

ラメは大きすぎず、目立ちすぎないものがおすすめ。ホログラムなどを合わせると、より繊細な美しさを表現できます。

ナチュラルタイプ

普通肌の方や少し暖色系の肌をしている方には、ベージュやイエローがおすすめです。マットホワイトや金色のラメなどを付け加えて、さりげなくパールを入れると上品さが演出できます。金色のラインストーンをワンポイントでつけると、よりおしゃれなイメージに。

ピンクを使う場合でも、ピンクベージュにすると肌色にマッチします。透明とカラーをはっきり分けてメリハリのあるカラー使いにすると、よりおしゃれです。

個性的なカラーも肌色にあわせて挑戦してみて

オークルタイプ

肌が黄色みがかった肌色・オークルタイプの方には、オレンジ系のネイルカラーがおすすめです。はっきりとした色を選んでおくと、くすまず、大人っぽい印象のネイルが楽しめます。オレンジや紺色など、原色に近い色を選びましょう。

また、ラメはピンクがおすすめ。キラキラ光るようなラインストーン、ブリオンなどを組み合わせて、様々なデザインに挑戦してみるのも良いかもしれません♪

日焼け肌タイプ

日焼けした時期のネイルに悩んでいる方には、ゴールド系のカラーやパステルカラーがおすすめ。特にパステルイエローやゴールドイエローなどがぴったりです。

ちょっぴり大胆に大きなラインストーンやターコイズ風のストーンを用いてエスニックなデザインにすれば、色黒の美しさを引き立ててくれますよ♪

肌の色とネイルカラーを合わせると見ちがえるほど印象が変わります。あなたらしさを活かせるネイルを味方につけて、もっともっと魅力的な指先にしてみてください♡

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース