いつでもレディな口元を。ルージュカラー キープの裏技<ビューティー&ダイエット>

朝、お家でばっちり口紅を塗ったはずが…外出先で時間が経つと美しいカラーが台無しになっていること、ありませんか?そんなときは、口紅の塗り方を少しだけ工夫して、持ちや質感を高めましょう。持ちをもっと良くするためにできる裏技を利用して、いつまでも綺麗な発色をキープ!

口紅の塗り方を工夫すれば発色アップ☆

下準備で発色の良さが変わる?!

口紅の色や持ちを良くするためには、最初の下準備がとても大切。乾燥を防いでベースを整えることで、口紅本来の色が出やすくなります。

まず、スキンケアの際に、リップクリームを塗り保湿しておきます。口紅を塗る直前より、少し前からケアしておくと唇によくなじみます。乾燥が酷い方はリップクリームを塗ったあとにラップで覆うと、ぷるっと乾燥しにくい唇を作ることができますよ。

そして口紅本来の色を出すために、肌の色を調節します。口角はコンシーラーで色を補正しておきましょう。

塗り方を変えて質感と印象をコントロール♪

次に塗り方です。まずは、リップライナーで唇の輪郭を描いていきます。その上からリップブラシで口紅を塗り重ねます。口紅を直に塗るのではなく、リップブラシを用いて、” 縦“に塗るのがポイントです。

唇のシワに沿って縦に塗ることで、持ちがよくなります。これは口紅だけでなく、リップクリームの塗るときにも効果的なので、覚えておくと便利ですよ。ムラなく口紅を塗ったら、ティッシュで唇を軽く押さえ余分な油分をとります。そして、最後にもう一度リップブラシで塗り重ねると、落ちにくくてきちんとした印象の口元に仕上がります!

口紅の種類と選び方で持ちアップ!

質感に合わせて、リップグロスやリキッドタイプのものも使い分けてみましょう。基本的な塗り方は一緒です。

リップグロスは唇に艶を出し透明感のある仕上がりとなります。” ぷるん“とした唇になるので、愛されメイクには欠かせないアイテムとして定番ですよね。美容オイルを配合した商品も多いため、唇の荒れが気になる方にもgood!

リキッドルージュは口紅とグロスの両方の要素を組み合わせています。口紅の発色の良さ、リップグロスのツヤ感、両方が楽しめます!

すこしの心がけで持ちをキープ!

上記でご紹介した” 落ちにくい塗り方“をしても、「飲み物を飲むとふちに口紅がついちゃう…」「食事をすると口紅がとれる…」。こんなときは、ちょっと工夫をしてみましょう。

たとえば、飲み物は唇が触れる面積が少なくなるようにストローを用いたり、食事のとき なるべく唇に食べ物が触れないように食べ物を小さく切って口に運ぶなど…ちょっとした心がけで持ちはグンッ! とアップしますよ。

口紅が取れるとなんだかぼんやりとした印象になってしまいますが、唇ケアや、塗り方、日ごろからの工夫で口紅の持ちがよくなるのです。ご紹介した方法をぜひ、試してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース