【つらい肩こりに!】「肩甲骨はがし」でしつこい肩こりを改善!

肩こりのせいで頭痛がひどい、姿勢が悪くいつも猫背気味…という人の特徴として、肩甲骨周りが凝り固まっているということがあります。そんな方におすすめなのが、“肩甲骨はがし”!からだの代謝を良くして肩こり改善、おまけにバストアップ効果ものぞめるという、夢のようなエクササイズをご紹介いたします。

続けられる鉄則! 辛くない&お金がかからない

まずはストレッチで体を温めましょう♪

代謝が悪くなる原因の一つは、筋肉の硬直といわれています。仕事や日頃の姿勢の悪さのせいで、知らず知らずにからだが凝り固まっているのかもしれませんので、思い当たる方は、ぜひ肩甲骨はがしを実践してみてください。

まずは肩幅に足を開き、腕の重みを利用して肩をブラブラとさせます。次に頭を下に向け、肩の力を抜いて全身を左右にふります。上を向いて左右に首をふり、最後に前を見た状態で肩を上下に動かして終了。どれも10回程度でOKですよ。

肩甲骨はがし~ステップその1~

からだを緩ませてリラックスできたら、いよいよ肩甲骨はがしです。まず、手のひらを頭の上で合わせます。この時、背筋をしっかり伸ばし、腕が耳よりも前に来ないようにしましょう。

合わせた手のひらを上に向けたまま肩のラインまで水平に下ろします。次に、手のひらを下向きにして、今度は頭の上で手の甲を合わせます。このエクササイズを10回おこないましょう。肩甲骨の間が伸びるようになイメージでおこなってくださいね。

肩甲骨はがし~ステップその2~

ステップ2では、フェイスタオルを使います。まず、タオルを肩幅にもちピンと伸ばします。そのまま頭の上にもっていき、できる限り耳よりも後ろになるように腕を上げて5秒キープしてください。

次に、手のひらが下になるように、後ろ手でタオルを持ちそのまま前にお辞儀をします。今度は同じように後ろ手で、手のひらが上になるようにタオルを持ってお辞儀をします。腕が床と垂直になるようなイメージでおこなうと良いですよ。

肩甲骨はがし~ステップその3~

最後に肩全体をまわしていきます。後ろ手で手を組み、肘が曲がらないように注意しながら肩をゆっくりと上下させます。すると肩が「ぐ~っと」伸びる感じがして、気持ち良さを感じるはずです。

最後に鎖骨の下をグリグリとやさしくマッサージして、内側から外側へとリンパを流せば終了です! テレビを観るスキマ時間にもできるエクササイズなので、気軽におこなってみてくださいね!

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース