「酢しょうが」をダイエット効果が高いタイミングで食べるには?

ダイエットのために作った「酢しょうが」。可能であればダイエット効果が高い時に食べたい…というご質問に管理栄養士がお答えします。

「酢しょうが」を食べるタイミング

まずは注意点について

1)空腹時はNG:
お酢も生姜も刺激が強いため、空腹時や胸やけ・胃酸過多の症状がある時には避けるようにしましょう。

2)そのまま食べない:
お酢は長い間口に残ると、歯のエナメル質に影響を与えてしまう可能性があるため、「酢しょうが」をそのまま食べたり飲んだりしないように気をつけてください。またお酢がいつまでも口に残らないように、食べたり飲んだりした後は、うがいをしたり口をゆすぐと良いでしょう。

脂肪燃焼効果を狙うなら

運動前に

加熱した生姜に含まれる「ショウガオール」は体脂肪を分解し、消費されやすい形にする働きが有るため、ショウガオールを食べたり飲んだりしてからの運動やウォーキングが効果的です。

また、手軽な摂り方としては以下がオススメ♪
1)お水や炭酸水に「酢しょうが」を加える
2)牛乳やヨーグルトに加える(酢がカルシウムの吸収を良くする働きも期待できます)

脂肪をつきにくくするには

夕食など脂肪分の多い食事と一緒に

生姜にはリパーゼという脂肪を分解する酵素の働きを活発にする作用が有ります。脂肪分の多い食事の時、一緒に食べると脂肪の吸収が抑えられます。

また炒め物の調味料として使ったり、揚げ物のたれに使うとさっぱりとした味わいになりますよ。

まとめ

お酢や生姜は消化をよくして、食欲も増進させます。しかもさっぱりとした味わいで美味しくなりますので…食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。また食べ終わったらお口をゆすぐこともお忘れなく!

ダイエット情報満載のメルマガに登録してみませんか?

15万人が読んでいる、クックパッド ダイエットの無料メールマガジン

15万人が読んでいる、クックパッド ダイエットの無料メールマガジン。ダイエット成功のコツがもりだくさん!だから、読むだけでダイエットに!
話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立などを毎日受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース