まずはマイナス2cm! 【短期間で結果がでる】ウエストを細くするエクササイズとは?

ウエストって2~3cmでも引き締まると嬉しいですよね。結果が出やすいネガティブ・カールダウンなら、その理想をかなえてくれるかも! ウエストが引き締まるだけでなく、背筋も伸びて姿勢も良くなりますよ。

「くびれ」はやっぱりオンナの武器!

ぽっこりお腹にさよならしましょう!

鏡で見た自分のお腹はくびれもなく魅力0…。思わずため息…。なんてことはありませんか? 特に薄着をするとぽっこりお腹はカバーしきれず、コーディネートもキマリませんよね。お腹につく脂肪の原因は筋力不足。もし腹筋がしっかりとしていれば、多少脂肪がついていても、ぽっこりお腹にはならないのです。そんなお腹周りに自信のない方は、"ネガティブ・カールダウン"で腹筋を鍛えましょう。

ネガティブ・カールダウンの方法とは?

まず仰向けに寝て、膝を軽く曲げ、指先で膝を触るように上体を起こしましょう。次に、元通りに上体を倒します。この時、重力に逆らいながら、できるだけゆっくりと上体を寝かせるのがポイントです。この動作を15~20往復おこない、1日2~3セットを目標に頑張りましょう。もしエクササイズの最中、腹筋に痛みを伴ってくるようなら、それはしっかりと筋肉が鍛えられている証拠。憧れのくびれに近づいていますよ♪

さまざまな効果が期待できる!?

このトレーニングでは、お腹の真ん中にあり腹直筋を鍛えられます。いわゆる「シックスパック」のことです。女性でも、うっすらと割れたシックスパックのお腹はカッコいいですよね☆ それに近づけるのが、ネガティブ・カールダウン。腹直筋の強化はもちろん、脂肪燃焼、ウエストラインの引き締め、骨盤の安定、内臓の位置の調整など、さまざまな効果があります。さらに、バランスをとって姿勢を正しく保ち、排便の際の腹圧を高めます。便秘がちな方は腹圧が弱いことが多いので、しっかりと鍛えることで、便通も良くなるかもしれませんね。

トレーニング後はストレッチも忘れずに!

ネガティブ・カールダウンは負荷が高めのトレーニング。エクササイズを終えたら、忘れずに腹直筋をストレッチしましょう。ストレッチの方法は、両足を腰幅に開いて立ち、両手は腰骨に当てます。みぞおちを軸に、円を描くように腰を右に回します。同様に、左にも回しましょう。これを左右各10回ずつおこないます。最初のうちは少しツラいかもしれませんが、ネガティブ・カールダウンの効果は大きいです。ゆっくりと上体を倒すことを意識して、おこなってみてください。

ダイエット情報満載のメルマガに登録してみませんか?

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース