「リバウンドいたしません!」今、日本でも大注目の【マインドフルネスダイエット】とは?!

「リバウンドいたしません!」今、日本でも大注目の【マインドフルネスダイエット】とは?!

近年アメリカで「マインドフルネス」を組み入れたダイエットプログラムがリバウンドしない!プログラム終了後の満足度が高いと注目されています。一体「マインドフルネス」ってどんなものなのでしょう?アメリカで提唱されているマインドフルダイエットについて管理栄養士が解説します。

最近よく聞く「マインドフルネス」

ホントはどういうことなの?

マインドフルネスとは目を閉じて座り深呼吸する。すなわち「瞑想」することによって、自分の心の中から生まれた執着や嫌悪などの価値判断を加えることなく、中立的な立場で現実をありのままに受け入れることです。現在米国では瞑想から宗教色を一切排除し、「マインドフルネス」をベースに科学的に心理療法にとりいれた健康プログラムが認知症やうつ病の症状改善に寄与しています。

また健康管理(ダイエット)プログラムにマインドフルネスをとりいれたところ、プログラム参加者は自分の空腹や満腹という感覚レベルが高くなり、過食や下剤の服用、断食など問題のある食行動のレベルが低くなっている。という結果を出しています。

マインドフルネスダイエットの方法は?

米国で実践され、成果を上げている「マインドフルネスダイエット」の具体的な方法をミズーリ大学の臨床心理学者の新著「The Mindfulness-Based Eating Solution」から紹介します。

マインドフルネスダイエットの目的

1.自分の本当の空腹と満腹を感じる
2.満足を感じる食べ物を選ぶことができるようになる
3.体重や血糖値のコントロールができるようになる

マインドフルネスダイエットの方法

1.食事を食べる前に大きく呼吸して本当に空腹であるかを確認し、空腹と感じる時に食べる
2.これから食べようとしているものが、自分が欲しているものなのか確認する。本当に食べたいものだけを食べる
3.食べる時にはテレビやケータイを見ながら食べない。よく噛んで咀嚼の音や香り、味覚、などを総動員して食べることだけに集中する
4.半分ほど食べたところで満足しているかチェックする。満腹と感じたら食べることは止め、食事は残す。残した食事は次に空腹と感じた時に食べるようにする

こんな研究結果も!

マインドフルネスダイエットは、どんな時に食事をするのか、何を食べれば満足するのかを、衝動に従わず、思い込みも含めずに常に自分に問いかけながら、自分の満足を感じられるように食事をすることです。マインドフルネスの手法を用いている人は特別なカロリー計算をしているわけでもないのに、高カロリー・高脂肪食を控え、血糖値コントロールができている人が多いとの報告もあります。

まとめ

今米国でホットな「マインドフルネス」。じわじわと、現在は日本でも浸透してきています。しかし心理学的知識のない人に指導される場合には大きな危険があるとも指摘されていますし、実際、家族で食事をする場合、マインドフルネスの手法を毎食とりいれることは難しいと考えられます。
しかし「いただきます」という時に目をつぶっておなかのすき具合をチェックする。食事途中で食欲は満たされているのかを確認してみましょう。全部食べ切るのではなく残し、冷凍したり、次の食事にリメイクする。ということはすぐに実行できそうですね。また食べることに集中する。ながら食べをしない。ということも是非実践したい食事マナーです。「マインドフルネス」の考え方が、日々の食事を気持ちよく心から満足できるヒントになれば幸いです。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース