【ポッコリおなかにくびれを作る】カシューナッツはダイエットにも効果的だった!

ダイエット中のナッツ類はカロリーや脂質が高いから。と敬遠してはいませんか?実は、食べ方によってはダイエットの味方になるナッツ類。中でもカシューナッツはおなか痩せにおススメです。ところでカシューナッツって何の種子だか知っていますか?今回はカシューナッツのダイエットに効く成分と、意外に知られていないカシューナッツの素顔に迫ります。

カシューナッツって木の実??

これがカシューナッツの実「カジュー」。果実の上に鎮座している「まが玉」のような形をしたヘタの中のタネがカシューナッツです。「カジュー」はリンゴのようなほのかな甘さと酸味を持つ果実でジュースやお料理のソースに使われます。ブラジルやインド、アジアでも雨の多い熱帯で栽培されています。果実は傷みやすく輸出することができないため、現地でしか食べることのできない果物なんです。

カシューナッツのダイエットにおススメの成分と特徴

気になるカロリーは?

カシューナッツはナッツの中で一番ローカロリー。 
他のナッツ100gと比較してみると…

カシューナッツ(フライ・味付け)553kcal
アーモンド(炒り・無塩)608kcal
くるみ(炒り)674kcal
マカダミアナッツ(炒り・味付け)720kcal

となります。意外にもカシューナッツは、他のナッツ類に比べてローカロリーなのがわかりますね。

豊富なビタミンB1

糖質をエネルギーに変えるために不可欠なビタミンB1。
ダイエットにはビタミンB1をしっかり摂りたいものです。

カシューナッツ(フライ・味付け0.54mg
アーモンド(炒り・無塩)0.03mg
くるみ(炒り)0.15mg 
マカダミアナッツ(炒り・味付け)0.21mg

頑固な便秘の救世主・脂質!

ナッツ類は脂肪分が多く含み、腸をなめらかにし、蠕動運動を高める働きが有ります。毎日の生活にナッツをとり入れることで、スルッと気持ち良い毎日の期待ができます♪

食べ方のポイントは

カシューナッツでコクとクランチ効果をプラス!

お料理には鶏の胸肉との組み合わせがおススメです。
ダイエットのためには炒め油や調味料を控えたいのですが、おいしさが半減してしまっては残念に。でもカシューナッツがあれば大丈夫。あっさりとした胸肉にカシューナッツのコクとカリッとした食感が加わります。サラダやヨーグルト、スープのトッピングにもおすすめです。

1日にどのくらい食べていいの?

おやつのもおススメのカシューナッツ。といってもポリポリと食べ過ぎは禁物です。
1日10粒(90kcal)を目安にするといいですね。

まとめ

カシューナッツはミネラルやビタミンがまんべんなく含まれている食品です。特に亜鉛が多く含まれているところも嬉しいところ。亜鉛は細胞の新陳代謝を助けます。髪がパサパサしたりお肌が乾燥した時は亜鉛が足りないかもしれません。別名セックスミネラルとも呼ばれる亜鉛は性ホルモンにも作用するため、亜鉛が不足すると胸の成長も妨げてしまう心配も。中国では「腰果」と呼ばれるカシューナッツ。その形の通りカシューナッツで女性らしい美しいくびれを手に入れてくださいね。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース