ホットドリンクにいかが!冬の美容アイテムに【ゆずの簡単作り置き】がおすすめ!

ホットドリンクが恋しい季節。願わくば、美肌にもダイエットにも効くような飲みものがあったらいいのに…。と夢見る女子におススメなのがゆず茶。今が旬の「ゆず」でゆず茶の素を作り置きしておけば、いつでもゆず茶が飲めちゃいます。ゆずの美容効果とゆず茶の素の作り方を管理栄養士が解説します。

ゆずのとびぬけて優れた成分

ヘスペリジンって何?

柑橘類の豊富なビタミンCは冬の風邪予防や美肌効果に一役買っています。また柑橘類にはポリフェノールである「ヘスペリジン」という成分が含まれています。

そんなヘスペリジンの働きは
・血流を良くして冷え性を改善
・骨粗鬆症の予防
・血中コレステロールの安定・中性脂肪を減らす働き
・花粉症予防効果
・抗酸化作用
ゆずにはレモンの3倍、みかんの20倍のヘスペリジンが含まれているんですよ。

ヘスペリジンを効率的に摂るには?

ヘスペリジンをはじめとする柑橘類の様々なポリフェノールは、果皮や白いワタの部分に多く含まれています。ゆずを丸ごと食べるには、ゆず茶の素(ゆずのはちみつ漬け)がおすすめです。

ゆず茶の素の作り方

材料:ゆず茶25杯分(1L瓶)の目安
ゆず4個、はちみつ400g

作り方
1)ゆずは洗って二つに切り、種を取り出して果汁を搾ります。
2)残った皮はせん切りにします。
3)熱湯消毒した容器に皮とはちみつを交互に加えて最後に果汁を注ぎ入れ蓋をします。
4)1週間~10日間直射日光の当たらない場所に置き、毎日蓋をしたままビンを逆さまにしてよく混ぜましょう。

ゆず茶を飲んでみよう

保存は冷蔵庫で。蜂蜜に殺菌作用があるため長期保存できます。ゆず茶の素大さじ二杯をお湯に溶かせば、ほっこりゆず茶のできあがり。お湯だけでなく、紅茶や緑茶、昆布茶に合います。またお砂糖代わりにお料理に使うと酸味が加わり薄味でも深みのあるお味に仕上がり、お料理の腕が一段アップ!

まとめ

ダイエットに有効な飲み物といえば、
・乾いた喉にはお水
・普段に飲む時はカロリーのないお茶やブラックコーヒー
というものが正論ではありますが、リラックスしたい時や気分転換にはちょっと甘い飲み物が欲しくなりますよね。そんな時こそメタボや風邪の予防にもなる甘くて酸っぱいゆず茶の出番。上手に毎日の生活にとりいれてみてくださいね。しかしどんなに体に良いといっても飲み過ぎにはご注意を。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース