ダイエットでお腹だけ痩せないのは何故?ぽっこりお腹の原因と解消法

ダイエットをしてもお腹だけ痩せないという方は多いのではないでしょうか。実は、お腹だけ痩せないのには3つの原因が関係しているようです。そこで今回は、お腹が痩せない3つの原因と、ぽっこりお腹を解消するための方法についてご紹介します。

お腹が痩せない3つの原因とは?

お腹が痩せない原因1:反り腰

壁に垂直に立ったとき、壁と腰の間に拳1個分の隙間があくという人は、反り腰かもしれません。反り腰になると、正常に筋肉や骨が機能しづらくなり内臓機能が低下してしまうことによって、ダイエットをしてもお腹が痩せにくくなくなってしまうといわれています。

お腹が痩せない原因2:骨盤の歪み

スカートが左右にずれる。靴の内側や外側が極端に擦り減っている。O脚やX脚である。このような方は骨盤が歪んでいる可能性が高いです。骨盤が歪むと、歪んだ部分にどんどん脂肪が溜まり内臓も下がりやすくなってしまうことから、ダイエットをしてもお腹が痩せない原因と考えられています。

お腹が痩せない原因3:腸腰筋の衰え

上半身と下半身をつなぐ腸腰筋が衰えると、骨盤の位置が段々とずれていき骨盤の歪みを引き起こすといわれます。骨盤が歪むと、上記でもご紹介したように脂肪が溜まって内臓が下がりやすくなり、ダイエットをしてもお腹が痩せない原因と考えられています。

お腹が痩せないのを解消するには姿勢を正そう!

お腹が痩せない原因は姿勢を正すことで解消できるかも

前項でご紹介した反り腰、骨盤の歪み、腸腰筋の衰えの3つは姿勢を正すことでぽっこりお腹の改善を図ることが期待できます。正しい姿勢になれば骨盤が元の位置に戻り、内臓の位置も正常に戻るといわれています。筋肉や骨も正常に機能するようになって、お腹が痩せない原因の解消につながると考えられています。

■【1週間で効果を実感?!】座り方から見直すダイエット!

正しい姿勢の作り方

①少し顎を引き、天井から頭の先を糸で引っ張られているイメージで立ちます。
②両足を揃えたら、重心を上に引き上げるようなイメージで上半身に力を入れます。

ポイントは、おへそとみぞおちの間に重心を置くように意識することです。歩くときも、座るときも、なるべく意識し続けるようにしましょう。慣れていくうちに、段々と姿勢が改善されていくはずです。

エクササイズを実践するのも効果的!

腹筋を鍛える

腹筋を鍛えると、お腹についた脂肪を落とせる上に、内臓の位置も上へと上がっていき、ぽっこりお腹の解消が効果が期待できます。

■【ぽっこりお腹とさよなら!】簡単腹筋トレーニングとは?

大股歩きをする

ウォーキング時や普段の歩行で大股歩きを心掛ければ腸腰筋が鍛えられ、骨盤の歪みが改善されることから、ぽっこりお腹の解消に効果的だといわれます。


いかがでしたでしょうか。
お腹が痩せないことで悩んでいる方は、是非今回ご紹介した内容を参考にしてくださいね。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

カテゴリ別ニュース