我慢なし・リバウンドなし!?マイナス10キロのダイエットを成功させる3つのポイント

マイナス10キロ痩せるのは、決して無謀なことではありません。今回ご紹介する方法は、3つのポイントを押さえて正しい知識でダイエットを実践してみれば、実際にマイナス10キロの減量に成功することも可能になるかもしれません。まずは一ヶ月でどのくらい体重を減量するかを考えるのもダイエット成功への近道です。

マイナス10キロ痩せるポイント①

自分の適正な摂取エネルギー量を把握する

10キロ痩せるためには、まず1日あたりの適正摂取エネルギー量がどれくらいであるかを知り、その数値参考にしながら自分のカラダの状態を把握していきましょう。なお、女性の1日の適正摂取エネルギー量は、18歳~29歳で1,950kcal/日、30~49歳で2,000kcal/日、50~69歳で1,900kcal/日といわれています。

参考:日本人の食事摂取基準 2015 年版
*上記で示した数値は、身体活動レベルがふつうの状態での値です。活動レベルに関しては、日常生活の中で変動があります。

マイナス10キロ痩せるポイント②

食事管理

10キロのダイエットに成功するためには、夕方6時以降からの食事は、食事内容を工夫して、量を調節するようにしましょう。夜に食べた食事は、体に脂肪が蓄積されやすくなるといわれます。そのため朝食や昼食は欠食を控えしっかりと食事をすることを心がけ、夕食での食事は控えめを意識してみましょう。

昼間の食事はどうすればいい?

10キロのダイエットに成功するためには、炭水化物と脂質を調節した食事を行うことが重要といわれます。ですが、まったく食べないのは身体に良くないため、過度な制限はおすすめできません。そして、たんぱく質が豊富な卵やササミ、魚介類、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜やキノコ、果物は積極的に摂取するようにしましょう。

■痩せたいのに【でも、食べたい!】ダイエットの敵を制する!

マイナス10キロ痩せるポイント③

毎日の運動

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、20分以上行うことで内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼してくれます。一日20分以上の有酸素運動を行うように心がけましょう。

筋力トレーニングなどの無酸素運動には、筋肉の量を増やして基礎代謝を高める効果があります。腹筋やストレッチなどの軽い筋トレを行いましょう。

もっと詳しくダイエット方法が知りたい方はこちら

プロの管理栄養士のアドバイスでリバウンドしないカラダを手に入れる!

いくら頑張ってもダイエットの結果がでない・・・そんな間違いだらけの自己流ダイエットにサヨナラしませんか?マイナス10kgの減量も夢じゃない!今年こそは、プロの管理栄養士と一緒に、自分にあった本当のダイエット方法を体験してみませんか?一ヶ月でどのくらいの減量が可能か詳しく教えます!まずはお試しカウンセリングからお申込みください♪

お試しカウンセリング申し込みはこちら

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース