脂肪燃焼効果も期待できる?!しょうがのすごいパワーって知ってる?!

しょうがは、古くから薬効があるとして人々に親しまれてきました。料理の風味付けやアクセントとしても欠かすことのできない食材でもありますよね。そんなしょうがには具体的にどんな効果があるのでしょうか?また、その効果を発揮するための方法もご紹介します。

しょうがにはこんな効果があるんです!

冷え性や肩こりを改善

しょうがには、ガラノラクトンという香りの成分と、ジンゲロールという辛みの成分があります。これらの成分は、冷えることで細くなった血管を太くしてくれる作用が期待できるため、血流が良くなり、その結果冷え性や肩こりの改善に繋がると言われています。
血流が良くなると全身の代謝も上がり、肌がきれいになったり太りにくい身体になったりと身体に嬉しい効果も期待できます。

風邪の症状の緩和にも

ガラノラクトンとジンゲロールには、せきや喉の痛みを緩和してくれる効果も期待できます。また、しょうがには、炎症や痛みを和らげる効果や吐き気を抑えてくれる効果も期待できます。

ダイエットや美容に嬉しい効果も!

しょうがの辛み成分には脂肪を燃焼する効果もあるようです。ジンゲロールで代謝も上がり、さらに脂肪も燃焼してくれるなんて、ダイエットの手助けをしてくれる食材とも言えるでしょう。また、老化の原因となる活性酵素を抑える働きもあるので、しょうがを摂取することはアンチエイジングにも繋がるかもしれません。

■「ハーブ」や「スパイス」を使ってダイエットを成功させるコツとは?

効果を活用するための食べ方とは?

身体を温めるには、しょうがも温めて食べるべし!

ジンゲロールは加熱することで、熱を作り出すショウガオールという成分を作りだすと言われています。これらの成分により身体を温める効果が期待できます。


■脂肪燃焼促進!毎日の食事に取り入れたいおすすめダイエット食品3選

風邪予防にしょうがを食べる!

ジンゲロールは殺菌効果が高いと言われています。そのため、風邪を予防したいときには、加熱せずにしょうがを摂ることがおすすめです。
また、殺菌作用は食中毒も予防することができます。お寿司と一緒に食べるガリは、生臭さを消して口の中をさっぱりさせてくれる効果だけでなく、食中毒の予防のためでもあったんですね。

食べる以外の活用法もあった!

凝り固まった身体にしょうが湿布を!

凝りが酷いときには、即効性のあるしょうが湿布がおすすめです。
すりおろしたしょうがを、ハンカチにいれて、中身が出ないようにします。そこにお湯をかけてしょうがのエキスをお湯に出します。そのエキスの入ったお湯をタオルに染み込ませ、そのタオルを凝り固まった患部にあて、じっくり温めると効果を感じることができるでしょう。

冷え性の改善にはしょうが風呂!

しょうが風呂は冷え性の改善に効果が期待できると言われています。
その方法は、しょうが湿布と同様すりおろしたしょうがをいれ、しっかり結んだハンカチをお風呂に入れるだけ。しょうがは殺菌や消臭の効果も期待できるので、お風呂にも向いてます!

しょうがには、身体の内側から健康にしてくれるような効果がたくさんあることがわかりました。今の身体に合った効果を発揮するために、工夫してしょうがを活用してみてくださいね。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース