【ジュースでもOK!?】「グレープフルーツ」でやせる3つの秘密とは?

低カロリーな果物としてダイエット中に大人気の「グレープフルーツ」。ダイエット法として用いられる以外にも、美容にもストレス解消にも効果的なんですよ。そこで今回は、ダイエット効果や食事への取り入れ方、ジュースでも代用可能なのかどうかを詳しく説明していきます!

驚愕!3つのダイエットパワー

グレープフルーツはダイエット向きのフルーツとよく言われていますよね。それは、低カロリーでヘルシーなのに栄養素が豊富なことに加え、ダイエットに嬉しい効果をたっぷりと期待することができるためでしょう。

1.腸内環境を整える

グレープフルーツには、水溶性食物繊維のペクチンが含まれています。このペクチンは、血糖値の急上昇を抑えてくれるので、余計な脂肪の蓄積を防ぐ働きがあると言われています。また、ペクチンが腸内細菌の増殖を促して腸内環境を整えてくれます。このことからも、体内の老廃物の排出がスムーズになり、便秘解消や肌荒れなどの肌トラブル改善などに効果的だと言われています。

2.香り&苦味成分のダイエット効果がスゴすぎる!

「グレープフルーツの香りを嗅ぐだけでやせる!!」といって話題になりましたよね。これは、グレープフルーツの香り成分が交感神経を刺激することで代謝が活発になり、脂肪燃焼が促されることが研究により明らかとなったそうです。実際に発表されたラットを用いた研究によると、グレープフルーツの香りを嗅がせただけで体重が減ったそうですよ!

また、グレープフルーツの苦み成分には食食を抑える効果があると言われており、無駄な食べ過ぎを防いでくれるのでダイエット効果につながります。そのほか、強い抗酸化作用から、血液の流れを良くして代謝を活発にするので、やせやすい体質作りに役立ちますよ。この苦味成分は、グレープフルーツジュースから効率的に取り入れることができると言われています。

3.ビタミンCがたっぷり

グレープフルーツにはビタミンCがたっぷり含まれることで知られています。その量は、1個(200g)分を食べれば、1日に必要なビタミンCの半分以上を摂取することができるそうですよ。ビタミンCは肌のうるおいを保つコラーゲンの生成に関わるほか、紫外線からくるシミやソバカスを予防し美白へと導いてくれると言われています。生のまま食べることができるグレープフルーツは、効率的にビタミンCを摂取することができます。

▶【もの凄いダイエットパワー?!】「みかん」を食べてダイエットができるのは本当だった?!

グレープフルーツの取り入れ方

どのタイミングがいいの?

グレープフルーツには、ビタミンCがとても豊富に含まれています。ビタミンCは、シミを改善したり肌を紫外線から守ったりと、美肌のためには欠かせないビタミンですよね。グレープフルーツを1個食べると、1日に必要なビタミンCの大部分が補えると言われているほどです。このビタミグレープフルーツを食べるタイミングでおススメなのは、食事の前です。食前にグレープフルーツを食べることで、血糖値の急激な変化を防ぎ、脂肪をつきにくくして「食べても太らない」ダイエットをすることができると言います。

また、グレープフルーツの香りや苦味成分には、食欲を調整する働きがあるため、無食べ過ぎてしまうのを防いでくれますよ。結果的に、1日の総摂取カロリーがコントロールできたら嬉しいですよね。もちろん、小腹が空いたときのおやつとしてグレープフルーツを取り入れるのもおすすめです。ンの豊富さから、グレープフルーツが美容にはおすすめです。

ジュースでもOK

生のグレープフルーツが手に入らないという場合は、果汁100%のグレープフルーツジュースでも同様の効果が期待できるといった研究結果があるそうです。しかし、加藤タイプのものはNGなので注意して選びましょう。

▶【栄養学のウソ!ホント!】管理栄養士が指摘する「ビタミンC」の勘違い3選

まとめ

グレープフルーツは、香りを嗅ぐだけでもダイエット効果を得られるだけではなく、ストレス緩和にも働く優秀な果物です。ダイエット中は、ストレスが溜まりがちですが、そんなストレス解消方法にグレープフルーツを活用してみれば一石二鳥かもしれません。是非グレープフルーツを食生活に取り入れてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

ジュース,ダイエット法,食事,食物繊維,ストレス,カロリー,代謝,食後,ビタミンB,果汁