【やせ体質に導く?!】ラクやせしたいヒト必見!抹茶に秘められた驚くべきパワーって?

日本人は昔から、茶道やお菓子で抹茶に親しんできました。茶葉を粉末にする抹茶には様々な良い成分が含まれていますが、摂取には注意が必要な場合もあります。今回は、抹茶に含まれる成分と摂取する際の注意点をご紹介します。

日本人に身近な抹茶

日本人にとって身近な抹茶。てん茶を粉末にしたものが抹茶と呼ばれています。古くから茶道では飲用として用いられ、現在は様々なお菓子の材料としても活用されています。コンビニやスーパーでも抹茶味のお菓子をよく見かけますよね。
お茶には様々な効果が知られていますが、抹茶は茶葉を粉末にしたものを飲むため、茶葉そのままの栄養をより効果的に摂取することができると言われています。

抹茶に含まれる栄養素

カテキン

カテキンはポリフェノールの一種で、お茶に含まれる苦み・渋みの成分です。抹茶にもカテキンが含まれています。カテキンには強い抗酸化作用があり、「若返りのビタミン」と呼ばれるほど効果が期待できると言われています。さらに、カテキンには、血液中のコレステロールの増加を抑制したり、食後の血糖値の急激な上昇を抑えることに役立ちます。

ビタミン、ミネラル類

抹茶には、ビタミンA・C・Eや、食物繊維などの成分も含まれています。ビタミンA・C・Eは、肌トラブルの元となる活性酵素を処理することで美肌効果に繋がりますよ。また、食物繊維も含まれているんです。

カフェイン

コーヒーなどで知られるカフェイン。抹茶にもカフェインが含まれており、眠気をブロックする効果が期待できます。しかし、カフェインの大量摂取は控えましょう。日本ではカフェインの摂取量が明確には決まっていませんが、摂りすぎは頭痛や疲労感、不安感、不眠、胃腸の調子が悪いなどの原因となる場合もあるため、注意が必要です。また、妊娠中や胃腸が弱っているとき、貧血気味のときにはカフェインの摂取を避けたほうが良いとされています。

まとめ

抹茶には健康に良い様々な成分が含まれていますが、カフェインのような摂取に注意が必要な成分も含まれています。大量摂取は危険ですが、カフェインも上手に生活に取り入れることができれば良い効果が期待できるものです。抹茶に含まれるテアニンにはリラックス効果があると言われています。ほっと一息落ち着きたい時に、抹茶を取り入れてみても良いかもしれませんね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース