【油断は禁物です】あなたの危険行動を改善!やせやすい体質になる方法って?

食欲を抑えきれずにお菓子を食べ過ぎてしまうと、インスリンの働きが乱れ、太りやすい体質になってしまうかもしれません。ダイエットを成功させるためにも、普段の食事からインスリンの働きをコントロールして、やせやすい体質への改善を図りましょう。

インスリンって何?

インスリンとは、食べ物を摂取した際に、膵臓から分泌される物質のことを言います。インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりしています。こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれます。

参照:糖尿病がよくわかるDMTOWN
(http://www.dm-town.com/oneself/know02.html)

インスリンの働きが乱れるとダイエットに悪影響

食材に含まれている糖質を過剰に摂取すると、血糖値が急激に上昇し、それに対応しようとインスリンも過剰に分泌されるようになります。過剰分泌されたインスリンは、脂肪として身体に溜め込こむとする働きがあります。その結果、身体に脂肪がつきやすくなってしまいます。また、急上昇した血糖値は、一気に血糖値がさがりやすくなりその反動で眠気や疲れやだるさの原因にも繋がります。

お菓子を食べると太ってしまうのにもインスリンが関係

お菓子には、多くの糖質や脂質が含まれるものがあります。そのため、お菓子を食べると、血糖値が急激に上昇。インスリンの過剰分泌が起こり、体内に脂肪が蓄積されやすくなります。このため、普段から頻繁にお菓子などを食べているという方は要注意です。インスリンの乱れが起こる事で、体内に脂肪が蓄積されやすくなり、太りやすいカラダに繋がる恐れがあります。

■【意思が弱いだけではない!】ダイエット中なのに食べ過ぎてしまう本当のワケとは?!

インスリンをうまくコントロールするには?

まずはお菓子の食べ過ぎを防ぐ

普段からついついお菓子を食べ過ぎてしまうという方は、今からでも改善を図りましょう。食欲がとまらないときには、お菓子の内容を工夫して変更するのがおすすめです。

お菓子の内容を見直す

チョコレートやスナック菓子、ケーキなどは糖質や脂質が多いので、ダイエット中でも何か食べたい!と思ったときには、食べる食材を見直してみるのも良いですね。腹持ちが良くたんぱく質が豊富な、ヨーグルトや卵、ビタミン・ミネラル類が豊富なドライフルーツやナッツ類もおすすめです。

いかがでしたか?
インスリンの働きをしっかり理解して、ダイエット中でも食欲を過剰に増やさないための工夫をしてみませんか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース