【ヘルシー料理に大変身?!】今話題の「ライスミルク」ってなに?

最近、テレビや雑誌などでも目にするようになった「ライスミルク」。実際、ライスミルクとはどんなものなのがご存知でしょうか?そこで今回は、ライスミルクに期待できる嬉しい効果についてご紹介します!

そもそも「ライスミルク」とは?

ライスミルクとは、一般的に米(玄米)と水を原料として作られた飲み物のことです。欧米では健康志向の方や大豆・乳アレルギーをもつ方を中心に牛乳の代用品として飲まれていると言われています。牛乳のような見た目ですが、牛乳よりもあっさりとしていて、後味にはお米特有のほんのりとした甘みが残ると言います。また、ライスミルクの多くは玄米を原料としているので、玄米の栄養素も摂ることが出来ます。飲みやすさを考慮して市販のライスミルクには植物油や塩、砂糖などを加えて味を調整するものも売られているようです。

▶「玄米ダイエット」のポイントは?管理栄養士が解説します

ライスミルクの栄養効果

ライスミルクは玄米が主原料となっていることが多いため、ヘルシーな食品としても人気を集めています。では、具体的にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

<ビタミンB1>
 糖質の代謝を促し、疲労回復や集中力のアップに役立ちます。
<ビタミンE>
 活性酸素を中和して、老化を防止する効果が期待できます。
 そのため肌トラブルの改善に繋がります。
<カリウム>
 余計な塩分を排出し、むくみ解消などに効果的です。
<食物繊維>
 整腸作用により、便通を良くするなどの効果が期待できます。

ライスミルクはダイエットに効果的?!

とってもヘルシー

ライスミルクは牛乳や豆乳に比べ、低脂肪、低カロリーでコレステロールを含まみません。そのため胃腸に優しく、消化・吸収が良い食品と言えるでしょう。また、牛乳と大きく違う点はカルシウムがほとんど含まれないところです。栄養素の面では牛乳の代わりにはなりませんが、普段飲んだり、料理に使う牛乳をライスミルクに置き換えるだけでも、摂取カロリーを抑えられ、ダイエットには効果的だと言えるでしょう。

▶痩せやすい体質をつくるGI値とは?! 管理栄養士が解説します。

まとめ

ライスミルクは、嬉しい効果をたくさん期待できることがわかりました。現在、海外から輸入されているものや国産のものなど、種類もたくさんあります。牛乳や豆乳の代わりとして使うことで、ヘルシーな料理に仕上がるでしょう。ライスミルクの効果が気になる方、牛乳は苦手という方は、ぜひ試してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース