【約9割以上が自覚症状あり?!】むくみの原因を知らないと取り返しがつかなくなる?!

ダイエット中の悩みのひとつである「むくみ」。マッサージをしてもむくみがなかなか取れないときはありませんか?そんな悩みを抱えてる方必見です!今回は顔や脚のむくみの原因や解消法をご紹介します。日常で行えるので面倒くさがりの方でも簡単にできますよ。

むくみの原因とは?

体内に溜まった老廃物

人のからだの、約6割が水分だと言われています。その水分や栄養分などは血液によって、細胞へ運ばれます。それと同時に、細胞内でいらなくなった老廃物が静脈やリンパ管を介して体内に循環されます。しかし、この静脈やリンパ管がスムーズに流れないと、血管内の水分バランスが崩れてむくみの原因になるのです。また、運動不足によって筋力が低下することで、体内の老廃物を流すことができなくなりむくみへと繋がります。

不規則な生活

現代の日本人は、食生活の変化やストレス社会が影響して、むくみの原因のひとつとなっています。食生活においてはファストフードやインスタント食品などにより、塩分過多になっている人が増えていると言われています。塩分の過剰摂取は、体内の塩分濃度を中和させようと水分を多く溜め込むため、むくみとなって顔などに出てしまうのです。また、現代人は不規則な生活を送る人が多くなっています。夜更かしなどもむくみの原因となるので気を付けましょう。

冷え

半数以上の女性が冷え性に悩まされていると言われています。特に「低体温症」の方や手足などの先端が冷えてしまう「末端冷え性」の方が多いそうです。 体が冷えた状態が続くと血行が悪くなり、水分が溜まってむくみの原因となります。

むくみを解消する食べ物と栄養素

カリウム

カリウムは、体内にあるナトリウムを排出して細胞内外の水分量などの調整に役立ちます。これによって、むくみの改善・予防に効果が期待できます。 カリウムを多く含む食材としてはアボカド・ほうれん草・バナナなどがあります。

ポリフェノール

ポリフェノールは、血液の循環をスムーズにして血行を促します。 血行が良くなることで、むくみの原因でもある冷えが改善されてむくみ解消にも繋がります。ポリフェノールを多く含む食材はブドウやブルーベリー・赤ワイン・カカオなどがあります。

サポニン

全身の血液の流れをスムーズにする役割を果たします。また、悪玉コレステロールの排出を促すことに役立ちます。サポニンを多く含む食材はごぼうや大豆などです。

クエン酸

クエン酸は疲労物質である乳酸を分解し、疲労回復に効果があるほか、血行の改善にも役立ちむくみなどを改善する効果があります。また、ビタミンB群と一緒に摂ることでより効果が期待できる値言われています。クエン酸を多く含む食材はレモン・グレープフルーツなどがあります。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の分解を手助けし、ポリフェノールと同様に血液の循環をスムーズにするサポートをします。ビタミンB1を含む食材は豚肉・豆腐・納豆などです。

むくみ解消方法

むくみ解消には「足湯」が良い?

足湯をすることで下半身の血行促進に期待ができます。足先は心臓から最も遠いため血液の循環量が減りやすいところです。しかし足湯で足先を暖めることのよって血管を拡張させ、全身の血液の循環がスムーズになることでむくみの解消はもちろん、内臓機能の活発化にも繋がります。内臓の中でも一番エネルギーを消費する肝臓機能が向上し、やせやすい体質づくりにも役立つのです。

筋トレをしよう!

筋力の低下により、血液の循環が悪化してむくみの原因となります。特に女性は男性と比べて筋力が弱いために、女性の方がむくみやすいと言われています。そこで、筋肉を鍛えることによってむくみ解消に繋がります。

まとめ

毎日の生活習慣を気を付けるだけでもむくみの予防や改善に繋がります。さらに女性はホルモンバランスの関係でもむくみやすいと言われているのです。なかなか取れないむくみに悩んでいる方は今回ご紹介した食材や解消方法を参考に、ぜひ日々の生活を意識してみてくださいね。

「むくみ」にお悩みの方必見!

Dr’s タイツー

下半身太りの原因の1つでもあるむくみを解決するために、医師・薬剤師監修のもと開発されたサプリメント。多くのモデル・芸能人の間でも大注目されています!4つの植物エキスとメディカルハーブが、カラダの巡りとエイジングケアをしっかりサポートします。
株式会社ジョイフルライフ

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース