【やせ体質を作る!】ダイエット効果を上げたいなら「赤身肉」を食べるといい!?

ダイエット中は、お肉は避けるべきだと思っていませんか?お肉に含まれるたんぱく質はダイエットには欠かせない栄養素であるため、極端に避けては逆効果になってしまう可能性も。特に赤身肉には、ダイエット以外にもカラダに嬉しい栄養素がたくさん含まれています!赤身肉について見ていきましょう!

赤身肉って?

赤身肉とは、一般的に肉の色が赤い部分を指します。鶏肉は白身の肉として分類されるため、赤身肉には含まれないそうです。牛、豚、羊などのお肉が赤い理由として、たんぱく質の一種である、ミオグロビンが多く含まれていることが挙げられます。さて、それでは赤身肉がダイエットや美容に関して注目されているのには、どんなワケがあるのでしょうか?赤身肉に含まれる魅力的な栄養素についてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

▶【お肉を食べてもOK?!】ダイエット中でも「豚肉」を食べながらやせる?!

ダイエットに嬉しい栄養は?

良質なたんぱく質

たんぱく質は私たちの体をつくるうえで必要不可欠な成分であるため、不足すると健康面や美容面において様々な不調が出てくる場合があります。例えば、「疲れやすくなる」「記憶力・集中力低下」「筋肉量の減少から代謝の低下」「肌荒れなどの肌トラブルの発生」「爪が弱くなる」「髪の毛にツヤが無くなる」「薄毛になりやすくなる」「ホルモンバランスの乱れ」などを引き起こす可能性が高くなるのです。また、理想の引き締まった体を作る筋肉づくりのためにも、やはり筋肉が必要です。赤身肉には良質なたんぱく質が多く含まれているため、積極的に摂取することをオススメします。

鉄分

鉄分が不足すると、体内に酸素や栄養を運ぶことができなくなるため、代謝の低下を引き起こすと言われています。その他にも、めまいや立ちくらみ、疲労感、といった症状が出ることも。赤身肉には鉄分も多く含まれており、特に動物性食品に多く含まれるヘム鉄は、野菜や甲殻類に多く含まれる非ヘム鉄と比べると体内への吸収率が高く、より効果的に鉄分を摂取することができると言われています。

L-カルニチン

脂肪をエネルギーとして利用する働きを助けることで知られるL-カルニチンは、赤身肉に多く含まれる栄養素です。特に牛肉や羊肉に多く含まれていると言います。L-カルニチンは、研究でも脂肪燃焼のサポートをすることが報告されているそうです。脂肪燃焼にとても重要な役割を果たしていることは明らかとなっていますが、「L-カルニチンさえ摂取していれば必ずやせる」というものではないので注意しましょう。


▶【高カロリーなのにダイエット向き?!】ダイエット中でも管理栄養士がおすすめする食べ物って?!

摂取量の目安

では、赤身肉をどれくらいの量を食べればいいのかというと、手のひら(指を含まない)1枚分の量を目安にしましょう。厚さも自分の手のひらの厚さを意識しましょう。調理方法は、なるべく素材を活かすようにしましょう。例えば焼き肉やステーキなどで食べることがおすすめです。

最後に

ダイエット中だからといってお肉を制限する方も多くいらっしゃるかと思います。しかし、たんぱく質が不足すると、筋肉量が減少して体は太りやすい体質へと変化してしまうのはもちろん、その他にも体調に不調をきたすことがあります。お肉をしっかり食べている人ほど、やせていたりしますよね。それは、赤身肉にはダイエットにとても効果的な栄養素をたくさん含んでいるからだと言えるでしょう!ダイエット中だからと控えずに、ダイエット中だからこそお肉を取り入れてみてはいかがでしょうか?

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース