【管理栄養士が教える!】つい食べ過ぎている高カロリー食材ベスト3

【管理栄養士が教える!】つい食べ過ぎている高カロリー食材ベスト3

「テレビを見ながら」「パソコンをしながら」「スマホをいじりながら」など、何かしながら食べている人は要注意。いつの間にか、ポッコリお腹になってしまうかも……。そこで今回は、知らないままに食べ過ぎているかもしれない、気をつけたい食材と対処法を管理栄養士が提案します。

テレビを見ながら、といえば…

1.スナック菓子・おせんべい

スナック菓子やおせいべいのカリポリ音。実はこの音がストレス解消にもってこいなのです。「一度食べだしたら止まらない」、「袋を一度開けたら、全部食べ切らなきゃ!」などと、なにかと理由をつけてカリカリ、ポリポリ食べていませんか?

止められない理屈が色々あるだけに、どうしても食べ過ぎてしまうということがありますよね。ちなみにポテトチップス20枚(約30g)あたりで約160kcal。だいたいコンビニのおにぎり1個分と同じカロリーです。厚焼きの塩せんべいや揚げせんべいも2枚程食べれば160kcal程度となります。

対処法は「小袋のものを1袋だけ」と決めてから食べること。食べる量はだいたい80kcalくらいを目安にすると良いでしょう。

ご飯の普通盛りは1杯分(約150g)でおよそ252kcal、子供用のお茶碗に変えれば1杯分(約100g)でおよそ168kcalです。普段食べているお茶碗の大きさを変えればおよそ80kcalくらいのスナック菓子やおせんべいなら調整できますね。

ひとりで一箱食べちゃう人も…

2.チョコレート

なめらかなくちどけが口に広がるチョコレート。チョコレートの誘惑は止まりませんよね。「気が付いたら一箱全部食べていた…!」なんてこともよく聞くお話しです。

1つが小さいアーモンドチョコレートでもおよそ25kcal。4つ食べたらすぐに100kcalになってしまいます。板チョコなら4かけ分(約15g)でおよそ90kcal。1枚分(約65g)を全部食べきってしまうと、およそ363kcalです。

チョコレートの食べ過ぎ対処法は、100kcal以内をあらかじめ出しておいて残りはしっかりしまっておくこと。もしそれでも食べたくなったら温かいお茶やブラックコーヒー、紅茶に切り替えて、お口に広がるチョコの余韻を引きずらないように工夫すると良いでしょう。

【ビター?スイート?】知っておきたい!チョコレートの種類

カロリーだけでなく糖分にも要注意

3.ジュース・清涼飲料水

500mlのペットボトルの紅茶や甘さ控えめのジュースはおよそ160kcal。炭酸飲料や甘いジュースは200kcalを超えるものもあります。カロリーだけの問題ではありません。ジュース200kcalの栄養素は大部分が糖分だと言われています。角砂糖に換算すると15個分〜20個分程にもなります。

対処法は、コーヒーはブラックに変えて紅茶はストレートに変えることです。慣れてみるとコーヒーや紅茶の風味がダイレクトに味わえ美味しいと感じるようになりますよ。また緑茶や烏龍茶、ハーブティーでリラックスできるようになるといいですね。

【意外と知らない】食品添加物「コーンシロップ」の摂りすぎにはご注意を!

まとめ

「テレビを見ながら」「仕事をしながら」などと、ながら食べすると自分でどのくらい食べたかわかりません。またそれは習慣で食べていることが多いのです。いつもの習慣を止めることができるか心配かもしれませんが、まず3日間挑戦してみましょう。3日できたら食べないことを習慣にしてしまえばいいのです。

習慣を変えるのは難しそうですが大丈夫。まずやめることをやってみること。たまに食べるくらいならOKです。今日から思い切って、減らすorやめることを、ぜひ試してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース