【花粉対策】免疫力を高めるヨーグルトの食べ方って?

鼻のむずむず、くしゃみ、目のかゆみなどでお悩みの方も多い季節ですね。花粉症対策のためにヨーグルトを食べているという方も多いのではないでしょうか。今回、花粉症対策にヨーグルトを食べたほうが良い?という疑問について、お伝えいたします。

花粉症はアレルギーが原因?

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応が原因で起こります。花粉が、鼻や目の粘膜に付着し、付着した花粉が肥満細胞と反応を起こすことで、かゆみが生じ、つらい鼻のむずむず、くしゃみ、目のかゆみを引き起こします。

花粉対策はよい腸内環境から

アレルギー反応は、免疫力が下がり、体力が落ちたときに起こりやすくなります。しっかり免疫力を上げ、体力をつけておくことが大切です。免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが欠かせません。免疫に関係する細胞は6~7割が腸内に存在しているため、よい腸内環境が免疫力アップにつながります。

ヨーグルトは腸内環境を整える

ここ数年、花粉とヨーグルトについて、耳にすることが増えましたよね。実際、花粉対策のためにヨーグルトを食べている方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトが花粉に効くという根拠は、まだはっきりしていませんが、腸内環境を整えることはわかっています。ヨーグルトを食べ、腸内環境が整うことで免疫力や体力が高まり、アレルギー症状をやわらげる効果が期待できるといえるでしょう。

免疫力を高めるヨーグルトの食べ方

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やブィフィズス菌などは、プロバイオティクスといわれています。このプロバイオティクスは、プレバイオティクスといわれるものと一緒にとることで、腸内での働きを高めます。

プレバイオティクスの代表は、オリゴ糖や食物繊維など。オリゴ糖や食物繊維は、良い菌を増やし、悪い菌の増殖を抑える働きがあります。これらを一緒に摂ることで、乳酸菌やビフィズス菌が増え、腸を整えたりするほかに、ミネラルの吸収が促されます。

ヨーグルトを食べるのであれば、オリゴ糖で甘味を加えたり、バナナやリンゴ、キウイなどの食物繊維を多く含む果物と一緒に食べたりすることがおすすめです♪

日常生活のなかでも免疫力を高めよう

免疫力を高め、体力を落とさないためには、規則正しい生活を送ることも大事です。
食事では、バランスを意識し、お酒の飲みすぎは控えるようしましょう。食事だけではなく、たばこを控えたり、しっかり睡眠をとったりすることも免疫力アップにつながります。

まとめ

花粉がつらい季節は、もうしばらく続きますね。つらいときには、無理せず早めに医療機関を受診することが大切です。外出時にはマスクやメガネ、帽子などで花粉をつけないようにしたり、帰宅したら手洗いなどでついた花粉を落としたりするなどのセルフケアも忘れずに!そして、しっかりバランスの良い食事と睡眠で免疫力を高めてみてください。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース