【体重が減らないのはどうして?】食べないダイエットの最大の落とし穴

食べないことで、やせた!というひとときの達成感を得たことが誰しもあるかもしれません。しかし「食べない」ダイエットを続けていても、思うように体重が減らない状態に陥っている人もいるのでは?その方法の落とし穴について、大切なことをお伝えします。

「食べない」ダイエットをしていませんか?

手軽に取り入れられる、「食べない」ことで体重を落とすダイエット。確かに1日食事を抜くだけでも、体重がぐっと減って達成感を覚える人もいるかもしれません。

しかし、実はこのような過度な食事制限では、本当のダイエットは成功しないといわれているのです。

「食べない」ダイエットの落とし穴とは?

ダイエットの本来の目的を考えてみましょう。多くの方は、健康で美しいプロポーションになりたいと願っているのではないでしょうか。

実は「食べない」ダイエットは、栄養不足に陥り、筋肉や基礎代謝が落ちてしまうため、この健康で美しいプロポーションからどんどん遠ざかる方法であるといわれています。一時的に体重は減るかも知れませんが、少し食べただけで脂肪がつきやすくなり、リバウンドしやすい体質になってしまうおそれがあります。

体重を落とすために食事を抜いていたのに、どんどん太りやすい体になっていたとすれば、それは本末転倒ですよね。

食事が体を作っていることを忘れないで

体は日々、細胞分裂を繰り返して作りかえられています。食事はそのエネルギー源でもあり、たんぱく質やミネラルなどの栄養素は、体そのものを作る大切な要素にほかなりません。

食事を抜くということは、それらの「健康な体を作る材料」を断絶させていることと同じです。栄養不足から肌や髪は乾燥してボロボロになり、エネルギー源が足りないことで筋肉を分解して消費してしまうことで、美容面や基礎代謝が低下してしまうおそれもあります。

きちんとした食事を摂ることは、美しさへと直結しています。美容・健康を支えるのは正しい食事であることを忘れないようにしましょう。

きちんと食べることがダイエットへの一番の近道

バランスの良い食事でしっかり栄養を摂取することで、体の機能が正常化し、便秘の解消や血行促進効果も期待できるようになります。栄養が血液にのって体の末端まで届けば美肌効果も期待できますし、腸内環境を整えてしっかりデトックスすることは、ダイエットの大切な要素です。

良質なたんぱく質は良質な筋肉を作り、筋肉量が増えれば基礎代謝の向上も期待できます。基礎代謝は1日のうち体の機能を保つためにカロリーを消費してくれるので、筋肉量が増えれば、やせ体質に近づくことができるといわれています。

目線を変えて「食べて」やせよう

ダイエット中は「摂取カロリー」に気を取られがちですが、食べたものを体の中で消費するときにも「消費カロリー」が発生しています。また、食べる順番に気を配るだけで、脂肪のつきやすさも変わってくるといわれています。しっかり食べながら少しの工夫をするだけで、ぐっとやせやすく健康的な体を目指すことができますよ。

まとめ

短期間で急激に体重を落としても、数字上の結果だけで理想のボディラインにはなっていないかもしれません。「食べない」ダイエットでは美しいプロポーションから遠ざかってしまうということを、今一度しっかり考えてみましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース